FC2ブログ

ブログのお引越し

2020年01月30日(Thu)


ブログを引っ越すことにしました.

つたないブログを今までお読みいただきありがとうございました.


新しいブログは「おちこち 暮らしをつなぐ」


こちらです https://ameblo.jp/ochikochi-kurashi/


2015年10月から約4年.

その間に書いた数を確認したら269本.

少ないけれど,こういうことが苦手で,どうなることやらという気持ちで始めたことを考えれば,よく続いたと思います.(自画自賛)


読んでいただいた皆様には感謝です.


そして最近は,もう少し積極的に書いてみようという気持ちになりました.

そう思ったら12月は18本.

これは私にとっては大きな変化です.



そんな気持ちを機にブログのタイトルを変え,引っ越しもしようと思いました.

そう考えたらまた,ことが進まなくて,どちらにも書けなくて1月は2本.

もう1月は終わりますものね~

また振り出しに戻った感じです(笑)


今度は4年分の数を1年で書くくらいの目標をもって書けたらいいなと思っています.

日々の気づきを気負いなく,ですね.,

「おちこち」に込めた思いはそのままに,「暮らしをつなぐ」という視点を加えてつづってみたいと思います.


まだ不慣れで整わない部分もありますが,読んでいただけましたらうれしいです.

新しいブログをどうぞよろしくお願いいたします.


2020年1月30日 向後あき子





新春のお片付け

2020年01月11日(Sat)


お正月休みが終わったとたんお片付けがしたくなりました.

年末年始,大掃除が十分ではなかった台所.

食材のストックが増えていました.

そこを見直して,ケースの入れ替えをしてみました.

それぞれに小さなラベルもつけます.


IMG_0328.jpg




その前はこんな感じ.

透明で見えやすいのは,視覚優先の私にとってよいのですが,なんだか雑然としてきていました.


IMG_0324.jpg


正月明けはしばらく買い物は控えて,食材を整理しながらいただきました.

使わない道具も見直しました.


年明けから始めて手放したものはすでに100個ほど.

クリップなどの小さなものが多いのですけれど.



離れて見ると,


IMG_0343.jpg


冷蔵庫と食器類が白いので,まとまりが出たような気がします.

一番下に置いてあるホーローの鍋は今まで使っていなかったもの.

使ったふきんを入れて置いてそのまま煮沸消毒する,というアイデアを教えてもらったので使ってみることにしました.

とてもよいです.

教えてくれたアイちゃんありがとう!



入れ替えた透明な容器はシンク下で使うことにしました.


IMG_0333.jpg



今までゴミ箱を横向きにしていたのですが,キャスターを外したら縦に入ったのでスペースが空きました.

そこに花瓶や空き瓶などを置くことにします.

少し視点を変えると新しい気づきが生まれるものですね.




ついでにレンジ脇の引き出しの見直しも.


IMG_0332.jpg


今まで縦向きにしていたのを横向きにしたら,これが思いのほか使いやすいです.

右手でさっと持てるからですね.




片付けは小さなことをひとつづつコツコツとだなあと思います.

必要なもの必要でないものを見直して,少し余裕のあるスペースができると空気が流れるような気がします.



そして片付けの先にあるのはお掃除.

片付けができているとお掃除もしやすいのです.



お掃除ができている空間は気が流れる,そんな感覚が好きです.

今年はそう感じられる日を増やしたいなあと思っています.



まずはコツコツとお片付け.

ライフオーガナイザーとしてのの学びを活かしながら.






新年を祝う

2020年01月02日(Thu)


あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします.


IMG_0229.jpg


杵つき餅で作ったお供えには縁起物を添えて.

ゆずり葉やうらじろが手に入らなかったので,今年はするめと昆布を添えました.




干支飾りの代わりに用意したのは「大根に子」の抹茶茶碗


IMG_0230.jpg


大根は大黒天のシンボル.

ねずみは大黒天のお使いともいわれ古来からつながりが深いのだそうです.

それを可愛らしい図柄にした楽入作の茶碗です.

ふくさにも小さく「子」



新年からお茶をたてられるように盆略手前の用意をしておきました.


IMG_0231.jpg




おせち料理は今年は人数分を盛り分けて.


IMG_0262.jpg


2歳の孫も一人前で,みんなで9人です.

農園や山からの食材を多用して作りました.

自ら作るもので年神様をお迎えして.



お屠蘇は夫作の竹筒から注いでいただきました.


IMG_0274.jpg




雑煮は千葉に伝わるいただき方.

菜の花と鶏で「名取」を表すのだそうです.


IMG_0281.jpg


鶏は鴨肉にしました.

熱いだしをはり,幅海苔をのせます.


IMG_0286.jpg


手前の器に入っているのが幅海苔.

「はばをきかせる」という意味があるのだとか.



この後,夫の手打ちそばで鴨せいろもいただいたのでした.

写真撮り忘れ.




おなかいっぱいの声を聞きながら玄関でお見送り.

おなかいっぱいでも正食の食事は後に残らないはず.


IMG_0235.jpg


今年もよい年でありますようにと願いを込めて新年を祝ったひと時でした.


今年も,先人の知恵を受けつぎながら土とつながる暮らしを重ねていきたいと思っています.






新年の教室は1月19日から始まります.

1月22日の初級クラスは体験をお受けしています.

自分の体や心をととのえるために,

ご家族の健康を考えるために

正食の中にあるたくさんのヒントをご一緒に学びませんか?

新しい年に踏み出す1歩をお待ちしています.





おもちつき

2019年12月30日(Mon)


今日はおもちつき.

朝からもち米を蒸します.

玄米もち米と精米したもち米と蒸し方の調整を考えます.


IMG_0099.jpg


玄米もち米は,圧力鍋で炊いてみたり,炊いてから蒸してみたり.

結果どちらもよく浸水してから蒸すのが一番よいみたい.



もちつきスタート.

夫と長男ペアから.


IMG_0127jpg.jpg



雨模様だったので車庫の屋根の下でつきました.



入れ替わりながら.




今日集まったのは長女家族と長男夫婦.



まご君は,用意した小さい杵より自分で見つけてきたこれがいいと.


IMG_0138.jpg



お餅がつけた.


早速食べます.

あんこ餅,納豆餅,きな粉もち,磯辺.


IMG_0170.jpg



大根をおろして辛味餅も.


IMG_0161.jpg



お供えの鏡餅も.


IMG_0169.jpg




白いおもち,玄米もち,草もち,合わせて6臼つきました.


IMG_0223.jpg


袋の中で伸ばす方法は,餅粉を使わなくてもくっつきません.

袋に針を刺して穴をあけておくと,空気が抜けやすいです.

草餅は季節はずれだったけれど,冷凍しておいたよもぎを使って作ってみました.




3軒分のお供えもできました.


IMG_0228.jpg



今年の「無事」に感謝し,

来る年もよい年でありますようにと願いを込めて.



みなさまもどうぞ良いお年をお迎えください.









会津への旅

2019年12月29日(Sun)



年末に会津への旅.

目的の一つは御薬園.


DSC_1105.jpg



名前のとおり各種薬草を栽培する薬草園です.


DSC_1108.jpg


きれいに整備されていました.

季節がら生育中の薬草は見られませんでしたが,生薬を学ぶ私たちには興味深いものでした.

次は育っている時に行ってみたいと思います.



国の名勝に指定されている庭園.


DSC_1109.jpg



池の中の建物は簡素な茶室です.


DSC_1116.jpg


御薬園は市内,鶴ヶ城の近くにあります.



宿泊は市内からほど近い東山温泉.

床のお軸も好ましく,閑静な隠れ家的な宿.


IMG_0021.jpg



源泉かけ流しの温泉を堪能しました.


IMG_0032.jpg




翌日の目的は漆器の購入.

ところがいつも行くお店が臨時休業でした.




気を取り直して向かったのはこの木.

欅の大木.

樹齢は分かりません.

夫が小さく見えます.


IMG_0049.jpg


旅先でよく木を見に行きます.

また心に残る木が増えました.




御薬園で教えていただいたくすり屋さんを訪ねて喜多方へ.


IMG_0057.jpg



小さなお店の中には様々な薬草が並びます.


IMG_0060.jpg


あれこれ求めました.

会津御種人参のこともいろいろ教えていただきました.


IMG_0065.jpg


収穫までには5年かかり,とても難しそうですが夫はチャレンジしてみるそうです.

再訪を期してお暇しました.




喜多方に来たからにはラーメン,

というわけで教えていただいたラーメン屋さんへ.


IMG_0071.jpg



もう一軒スープの味がみたくなって梯子をしてしまいました.


IMG_0077.jpg


どちらのお店も女性だけで切り盛りするお店でした.


市内に130ものお店があるそうです.


ラーメンで締めくくった会津の旅でした.