初節句の贈り物

2018年05月02日(Wed)


昨年の9月に産まれた孫が初節句を迎えました.

子どもたちが生まれた時に,義父母が贈ってくれた武者人形を出して,久々に飾ってみました.



DSC_0551.jpg



夫と一緒にあどけなくもりりしい顔を見ながら,義父母がこのお人形を選んでくれた時の様子を思い描きました.

今自分たちが同じ時期を迎えてみて,しみじみと思い返すことがあります.

人をつなぐ思いは,時を経る中で,こうして受け継がれていくのでしょう.




私たちから孫へのプレゼントは,独楽のお香合.

ぐるぐるがこいのぼりの目みたいだなあと思いながら選びました.

孫は喜んで?かじっていましたよ(笑).


DSC_0553.jpg



それとキンマ彫りの棗.


DSC_0554.jpg


孫へというより家族への記念のお道具という感じです.

いつか家族でお茶を楽しめる時もくるでしょう.




そしてこちらは孫への力作.

夏用の帽子です.

ラフィアの糸で編んでみました.


DSC_0548.jpg




娘のヘレンカミンスキーの帽子に,なかなか張り合っています.


1525225498124.jpg



「お揃いで出かけるのが楽しみ~」と娘が言っていました.



この夏も健やかな日々を過ごせますように.



緑の季節

2018年04月28日(Sat)


昨日,実家に行ってきました.

山笑う.

山間の村に美しい緑があふれる季節です.


DSC_0487.jpg



対岸の集落に実家があります.


DSC_0495.jpg


近くにある村役場も川のほとり,木々の中です.


DSC_0497.jpg



夫のお目当ては,森林組合の木工所.


DSC_0494.jpg

木工所の背後の山も,あふれるばかりの緑.



帰路立ち寄ったお寺には,緑の中にお地蔵さまが何体も.

DSC_0502.jpg


そしてどのお地蔵さまにも赤いおかけ.

DSC_0500.jpg


手づくりの心使いがあふれていました.



手づくりと言えば,母と作り始めた布草履.

DSC_0498.jpg


取り置いていたたくさんの布が形になることが,高齢の母の張り合いになりそうです.



私の最近の手づくりは緑の小物.

緑の糸で布を織り,


DSC_0181.jpg


その布でバッグを作ってみました.


DSC_0482.jpg


DSC_0483.jpg



そしてプラスこの緑のお財布.


DSC_0484.jpg


おともだちが持っているものを見て一目で気に入り,購入しました.

肩からかけられるのがナイス.

中身は携帯も含めてたくさん入ります.



緑の季節に,もちろんこのお財布をもってお出かけしましたよ~.





4月のおちこち農園

2018年04月23日(Mon)


今年度最初のおちこち農園の日.

この冬の間に森の木が伐採されて,農園はすっかり景色が変わってしまいました.


DSC_0335.jpg


これは何本か残しておいてもらい,まきストーブ用に切っておいたもの.

DSC_0358.jpg

「えっ!手で?」「いえいえチェーンソーで」


森にはこんな木がたくさんあったのに,もう跡形もありません.

「どこか別のところに来たみたい」とつぶやき・・・




気を取り直して,今日は里芋の植え付け.

みんなで協力して畝作りをします.

DSC_0274.jpg



周りの草もとっておきます.

DSC_0276.jpg


畝が出来上がってきました.

DSC_0281.jpg




昨秋に埋めて置いた芋の掘り出しも.

DSC_0267.jpg


子芋をもぎとり種芋の準備をします.

DSC_0284.jpg



そして種芋の植え付け.

DSC_0317.jpg


しっかりと穴を掘って種芋を入れます.

DSC_0308.jpg



そうそう,芽は上に向けて置くんだよね.

DSC_0306.jpg




植え付けの後は来月の落花生の種まきをする畝に堆肥を入れておきます.


DSC_0323.jpg




ヘチマの棚も作ります.

DSC_0326.jpg


木陰もなくなるので,へちまが日よけになってくれるといいな.



その脇でトカゲを見つけた子どもたち.

DSC_0320.jpg

「キラキラしてるー」と言いながら触っていますよ~.



一息ついて,畑の隅のワラビ畑でワラビの収穫.

DSC_0331.jpg




そしておやつタイム.

朝たくさん作ったおやつは・・

DSC_0254.jpg



しっかり働いた後のおなかに・・


DSC_0347.jpg



みるみるうちに入っていきました.

DSC_0356.jpg


今日のおやつは,
玄米ご飯のおにぎり(たけのこご飯,蕗ご飯,大根の葉のご飯,高菜巻きご飯)
人参の葉のてんぷら,たまねぎの和え物,たくわん
畑の収穫物で作ったものでした.




植え残りの里芋とワラビを持って解散です.





今,農園で育っているものは.

エシャーレット

DSC_0342.jpg


大根

DSC_0360.jpg


なす

DSC_0363.jpg


キャベツ

DSC_0362.jpg


エンドウ豆

DSC_0364.jpg


ソラマメ

DSC_0366.jpg


小松菜

DSC_0365.jpg

など.



来月のおちこち農園は,5月13日(日)9:00~です.

落花生の種まきをします.

農園でお待ちしていますね.




今年の農園の活動は,周辺の状況の変化もあって,積極的なご案内は出しませんでした.

ご希望の方がおいででしたらお問い合わせくださいね.

ブログとリンクしたHPにアドレス等が載っています.


4月の料理教室

2018年04月14日(Sat)


中級春夏コースの第1回は春の恵みをたくさんいただく献立

DSC_0151.jpg

たけのことグルテンの混ぜご飯

たけのことわかめのみそ汁

揚げ豆腐

たけのこの木の芽和え

よもぎ餅



到来物のたけのこ.

DSC_0153.jpg


山の家で積んできたよもぎ.

DSC_0104.jpg


教室3年目の皆さんは和気あいあいと料理をします.

DSC_0131.jpg


緑鮮やかな草餅は汗をかきながらよもぎをつき込んだ力作

DSC_0133.jpg


春の献立をおいしくいただきました.


DSC_0147.jpg




中級秋冬コースの7回目

DSC_0170.jpg

黒豆ご飯

ひえと野菜のスープ

蓮根と厚揚げの味噌煮

白菜ロールのあんかけ

黒ゴマ豆乳プリン


どちらかというと冬の献立.

旬の時期ではない白菜は小さめサイズ.

でもちょうどいただきやすい大きさでした.


花冷えの寒い日に,これもいいねと,あたたかなメニューをおいしくいただきました.





初級コースのみなさんの役割分担も絶妙です.

DSC_0199.jpg

そばがきに澄まし汁を丁寧に注いで,美しく仕上げました.


DSC_0205.jpg

小豆ご飯

そばがきすまし汁

水なし炊き

ひじき蓮根


食養料理のひじき蓮根も丁寧に作りました.




小豆ご飯にそえた沢庵は自家製.

秋におちこち農園で収穫した大根がおいしい沢庵になりました.


DSC_0188.jpg




教室の片隅には春の花.

山の家からのお土産です.

DSC_0161.jpg


DSC_0166.jpg




教室の看板も花の中.

DSC_0167.jpg


季節は間もなく新緑の季節へと.



春の山

2018年04月14日(Sat)

山の家の春

1年で一番美しい時.


県道から離れ,坂道を上がると景色が変わってきます.

DSC_0118.jpg



そして山の家まで行くと,視界から人家は消え,山が広がります.

DSC_0114.jpg


春の山は花盛り.

DSC_0088.jpg


シンボルの桜の木も太くなりました.

DSC_0096.jpg


庭に続く敷地にも様々な桜の花が咲いています.

DSC_0062.jpg

DSC_0063.jpg

DSC_0066.jpg

DSC_0078.jpg


DSC_0077.jpg

梨やあんずの花もきれいです.

DSC_0074.jpg


DSC_0076.jpg


柿の木も,鹿にかじられながらも育ってきました.

DSC_0072.jpg


ほうの木は空高く新芽を伸ばしていました.

DSC_0080.jpg


姫こぶし

DSC_0085.jpg


つつじ

DSC_0083.jpg


椿

DSC_0084.jpg


足元には,すいせん

DSC_0075.jpg


たんぽぽ

DSC_0111.jpg


のいちご

DSC_0091.jpg


ふき

DSC_0090.jpg


お茶の木は元気に伸びていて,すぐにも3年番茶を作れそう.

DSC_0099.jpg



山のお土産は花やみつばやよもぎ.

DSC_0116.jpg

DSC_0102.jpg

DSC_0106.jpg

DSC_0104.jpg


山の春を車に積んで帰ります.