FC2ブログ

山の柚子

2019年12月09日(Mon)


山に行っていた夫からメールが届きました.

こんな写真とともに.

1575717825615.jpg


「柚子の実りが今年はよくないけれど,頑張ってたくさんとってるよ」


1575717819036.jpg


収穫中の写真も.



そして昨晩遅くに,柚子と共に帰宅しました.


お土産の柚子.

DSC_0391.jpg


DSC_0395.jpg


確かに実が小さいけれどたくさん.

収穫は大変だったと思います.



たき火をしたとのことで焼き芋のお土産も.

このお芋は朝のうちに干し芋煮しておきました.

DSC_0405.jpg


焼き芋の干し芋,美味しくできるかな.



今日も料理教室,中級第3回.


DSC_0416.jpg


手前は生姜風味の焼きコーフ.


グルテン粉を使って1時間ほど蒸してふっくらと作ります.


DSC_0406.jpg


スライスして焼いたのが焼きコーフ.

良質な小麦タンパクです.




お帰りには,柚子のお土産.

小さな実も柚子風呂に入れてもらうようにお願いしました.



これから恒例の丸柚餅子つくり.

今年は新たに編み笠柚子というのも作ってみる予定です.


しばらく柚子で楽しめそうです.



野菜の陰陽

2019年12月08日(Sun)

今日は料理教室,中級第3回.

小学1年生の女の子ちゃんを含めて6人の参加でした.

海苔巻きをまいたり,コーフを作ったり.

中級クラスは,明日明後日も続きます.



それぞれの海苔巻きがおいしくできました.

DSC_0382.jpg



ごま汁に使った大根は,昨夕に農園から採ってきたもの.

DSC_0368.jpg



今日の教室で,根が長いと話題になりました.

流し台の上で長さが際立ちます.

DSC_0388.jpg


大根を掘るとき,この先端の細いところがしっかりと根をはっていてなかなか抜けません.

見えないところにあるたくましい根っこ.

根を張るとはこういうことかと納得します.



うちの農園は無農薬.

肥料も有機のものを最小限しか使いません.

だから自分の力で根を伸ばして,土の中から水分やミネラルを吸収しているのでしょう.




今日は講義では,野菜の陰陽について触れました.

同じ大根でも,この大根は陽性さがまさった大根と言えると思います.

寒い時期に,体を温め引き締めてくれますね.



今日の夕方は人参を掘ってきました.

人参も根が長いです.

DSC_0384.jpg


畑で取り除いてきましたが,側根もたくさん生えていました.

一緒に収穫していた孫のよし君が「じいじのおひげ」と言っていたくらい.


人参は陽性な根菜ですが,一層陽性さがまさっているようですね.

生命力もありそうです.



大根も人参も,個々の違いがあります.

育った環境や種により違いがあるのは当然です.

だから何グラム何カロリーというような一律な数字で表せるものではありません.

丸ごとのいのちに向き合い,自然の恵みに感謝していただきたいと思います.

自然とつながる暮らしに感謝しつつ.




人参と里芋と菊芋を掘って帰宅したタイミングで,近くの知人からカレーが届きました.


DSC_0387.jpg


プロ並みにおいしいカレー.

今日の夕ご飯は,分づき米を炊いてカレーをいただきました.


近隣とつながる暮らし

ここにも幸せを感じます.




晩秋の庭

2019年12月07日(Sat)


家の前のかりんの実が完熟状態.

はちみつ漬けかかりん酒にします.

のどや咳の薬です.

DSC_6456.jpg



足元の手づくりプランターには季節の花.

DSC_6461.jpg



どうだんつつじも色づき

DSC_6443.jpg



小さな庭の細い小路にも晩秋の風情.

DSC_6462.jpg



この先は犬の小夏のエリア.

DSC_6442.jpg


以前に夫が作った竹垣のフェンスは,かじってたびたび外に出るので作り直すことに.

夫にお願いしていたけれどなかなかなので,私が作ったもの.



こちらは夫作の小夏の小屋.

掃除がしやすいように3分割になります.

DSC_6439.jpg


夫は構想が長くかかりますが,完成度が高い.

私は完成度は高くないけれど早い.

そこは折り合いをつけながら.



小夏エリアにはメダカの鉢や

DSC_6436.jpg


つわぶきが咲いています.

DSC_6437.jpg

ここには,前の竹垣のなごりが.


まんりょうには,もうじき小鳥がやってきます.

DSC_6438.jpg



雨上がりに気づいた,

お隣との境の見事なクモの巣.

DSC_6435.jpg



小さな庭にも生き物たちの営み.

小さな庭の手入れは住む人の暮らしの営み.



ちなみに庭の手入れは全て私.

松や槙など大きな木も手がけます.


来年こそは夫に期待したいと思います.

夫の方が上手ですから(笑)



夜,青森からリンゴが届きました.

思いが伝わる一葉のお手紙.

DSC_0372.jpg


東北のりんご農園の日々の暮らしの営みに想いを馳せました.





晩秋の農園

2019年12月06日(Fri)


12月と言えば沢庵漬けの季節.

まずは大根の収穫です..

DSC_0038.jpg



これだけ掘るのも一仕事.

最後の細い部分がしっかりと根を張っていて,抜くのはとても大変です.


DSC_0065.jpg


それだけ力のある大根.


しばらく干しておきます.

DSC_0080.jpg




大豆も収穫.


孫くんも手伝って,

DSC_0333.jpg



一輪車に積みます.

DSC_0363.jpg



収穫を待つ里芋.

DSC_0059.jpg


葉はすっかり枯れましたが,この下にはごっそりとお芋があります.

早く掘らないと.



晩秋の農園には


カブ

DSC_0060.jpg


人参

DSC_0054.jpg


ねぎ

DSC_0058.jpg


にんにく

DSC_0057.jpg


ブロッコリー

DSC_0053.jpg



春に向けて

さやえんどうや

DSC_0050.jpg


ソラマメ

DSC_0049.jpg


イチゴも

DSC_0048.jpg


他にもゴボウやヤーコンや白菜も.


これはハト麦

初めて植えてみました.

DSC_0055.jpg


どれだけ実がついているのか,これも収穫してみないと.



年末になる前にやることたくさん.

ひとつひとつ進めます.







ブログでつながる

2019年12月05日(Thu)


ライフオーガナイザーの皆さんから,今月初めに行われたカンファレンスの話題の投稿が続いています.

拝見しながら,当日の様子を介間みさせて頂いているような気持ちです.

今年のテーマは,緩やかにつながる ということだったとのこと.



そんな折,先ほど届いた宅配便.

中身はこれ.


DSC_0329.jpg


カンボジア製のシルクのバッグ.



カンファレンスより少し前,

ブログを見ていて,この方のシェアならと思って注文したものでした.

着物にも合いそうと思って.

実物はイメージ通りでとても満足するものでした.



シェアしてくれたのは広島のライフオーガナイザーの秋山陽子さん.

今年のカンファレンスでシャイニングスター賞に選ばれた方です.



昨年のカンファレンスの時に一度お会いしてとても親しみを感じました.

シャイニングスター賞の朗報を聞き,陰ながら喜んでいた折でした.


このバッグを手元に,なんだかつながりが深まった感じいっぱいでうれしくなりました.

こんなつながりもありでしょうか.


ひそやかに緩やかなつながりの喜びを味わっています.

秋山さん,おめでとうございます & ありがとうございます.