7月のおちこち農園

2017年07月16日(Sun)


暑い毎日が続きます.

7月のおちこち農園は,少しでも涼しいうちにと朝の時間を早めて8時から.

おやつ作りも早めて手早く.


DSC_0358.jpg




雨は少ないけれど草たちは元気.


DSC_0362.jpg


だいぶ茂っています.



今日の仕事は草取りと大豆の種まき.

里芋畑の草をとり,落花生畑の草をとります.


DSC_0398.jpg



大豆の種まきの前に畑を耕します.

DSC_0403.jpg



今日は地域のお祭りと重なって,男手の参加者が少ないのです.

掛け持ちで来て下さっている方もいます.

そして頑張る女性陣と子どもたち.

DSC_0399.jpg



やっと種まき.

小さなお手てで.

DSC_0407.jpg



もっと小さなお手てで.

DSC_0409.jpg


雨が少なく土が乾いていて,一雨ほしい畑です.



種まき完了!

DSC_0443.jpg




「おやつにしよう」の声に,子どもたちの目がきらーん.

木陰で一休みです.

DSC_0432.jpg


畑の枝豆,きゅうり,トマト,旬の野菜は体も喜んでくれます.

DSC_0414.jpg



畑の片隅では,モロッコインゲンの収穫.


DSC_0434.jpg



最後の片づけも,子どもたちが頑張ってくれました.

DSC_0438.jpg


DSC_0439.jpg


家に帰ったらシャワーを浴びて,午後からは,お祭りだね.







夏の畑

DSC_0375.jpg


にんじん

DSC_0376.jpg


とうもろこし

DSC_0378.jpg



ごぼう

DSC_0393.jpg



ごま

DSC_0391.jpg


なす

DSC_0389.jpg


きゅうり

DSC_0388.jpg



オクラ

DSC_0385.jpg



インゲン豆

DSC_0381.jpg



トマト

DSC_0380.jpg



ねぎ

DSC_0377.jpg



サツマイモ

DSC_0367.jpg


落花生

DSC_0395.jpg



しそ

DSC_0383.jpg




陽にぬるむ葉を積んで帰ったしそは,早速梅干しの中に.

青しそは醤油漬けに.

DSC_0447.jpg





6月のおちこち農園

2017年06月26日(Mon)


6月のおちこち農園は24日.

ジャガイモの収穫の日です.


朝からおやつ作り.

前日に間引いてきた小さな人参.

丸ごと蒸し煮にしたり,葉っぱをお焼きにしたり.


DSC_0069.jpg



青じそお焼き,しその実お焼きも加えて,

ゆでジャガイモと採りたてキュウリも.

お好みで,

麦味噌,米味噌,唐辛子味噌,豆腐マヨネーズ,梅とゴマのソースをつけて,


DSC_0072.jpg





畑では,さっそくジャガイモ堀り.


DSC_0094.jpg




今年は無農薬に加えて無施肥のジャガイモ畑.

周辺の畑に比べると,葉の生長も小ぶり.


DSC_0089.jpg



ジャガイモも小さめです.

例年に比べたら,収量も少なめ.


DSC_0091.jpg


でもその分,味は濃そうですね.





おちこち農園の一番手前はサツマイモ.


DSC_0100.jpg




次にサトイモ.

4月に植えた種芋がここまで育ちました.


DSC_0102.jpg



そして落花生.  

5月に種まきをして1か月.


DSC_0103.jpg




自宅の畑では,キャベツの収穫.


DSC_0113.jpg



参加者最年少は1歳のノンちゃん.

キャベツの方が頭より大きいね.


DSC_0119.jpg




仕事の後は,おやつタイム.


DSC_0131.jpg



あっという間に空っぽ.

畑で食べる畑の野菜は「なんだかおいしい!」

今夜はおうちでもたっぷりジャガイモ料理だね.


DSC_0142.jpg



嬉しい差し入れも.

アー君の大好物クッキーと,マーちゃんのハーブ入りクッキー.

フルハタさんからはメキシコのお土産もありましたよ.



ワイワイお話をしながら,みんなでおいしくいただきました.



次回の予定は7月15日.

ジャガイモの後の畑に,大豆の種をまきます.







初夏の北海道

2017年06月26日(Mon)


久々の北海道.

長男が札幌の方と結婚することになりご挨拶に.

メインの用事の合間に夫さんと小さな旅.




円山公園近くのお店を訪ね,穀物と野菜の昼ご飯..


DSC_0022.jpg




お店の方が「今日から3日間お祭りですよ」教えてくれた北海道神宮へ.


DSC_0025.jpg



広々とした境内に,北海道を感じつつ.


DSC_0030.jpg


開拓の歴史を見守ってきた由緒ある神社を詣でました.




時計台の前に立つのは学生時代の一人旅以来.


DSC_0031.jpg




煉瓦造りの旧庁舎も.


DSC_0033.jpg




北海道大学はほんとに広い!


DSC_0043.jpg



クラーク博士の前で,「だれか一人この大学に来てほしかったねー(笑)」などと勝手な夢を.

DSC_0040.jpg





翌日は小樽へ.

小樽駅はランプの飾りがお出迎え.


DSC_0045.jpg



今回ほしかったのはランプのホヤ.


DSC_0046.jpg



雨の運河を後に小樽とお別れ.


DSC_0049.jpg






知らなかった方たちと知り合い,

その土地を思うとき,思いうかぶお顔がある.

思い浮かぶお顔に心が温かくなる.

知らなかった土地に知る人ができる嬉しさ.



札幌の町が身近になった旅でした.






6月の料理教室

2017年06月26日(Mon)


6月の料理教室.


中級第8回.


DSC_0003.jpg

金時豆ご飯

そばポタージュ

野菜のキッシュ

人参ドレッシングサラダ

人参とココナッツのクラッカー



季節の野菜,人参をたっぷり使った献立でした.

そばポタージュのまろやかさに絶賛の声.




初級第9回.


DSC_0055.jpg


スパゲッティトマトソース

玄米スープ

車麩のフライ

くるみクッキー


DSC_0058.jpg


旬のトマトをたっぷりいただける季節.

この季節はトマトソース.

秋冬はきのこソースでいただきます.




初級第6回.

DSC_0067.jpg


キャロットピラフ

玄米ポタージュ

かぼちゃのコロッケ

豆腐マヨネーズ温サラダ



かぼちゃがおいしい季節になりました.

コロッケづくりのハードルを下げてくれる,おいしくて簡単なレシピです.





大阪本校での研究会.


DSC_0011.jpg


DSC_0016.jpg


基本のメニューの作り比べ食べ比べ.

いつも深く勉強になります.





大阪本校での公開講座.

小川友子先生のスウェーデンスイーツ.

DSC_0148.jpg


あんずのケーキ

キャロブファッジ

イチゴとブルーベリーのフロマージュ

ご自宅のお庭のタンポポ茶



スウェーデンからお持ちくださった食材をふんだんに使ってたヘルシーでおいしいデザート.


この教室は7月1日に東京校でも行われます.

まだ申し込み受付中ですよ.





季節は夏へ.


DSC_0065.jpg


夏を越して食べる沢庵も,いよいよ桶から出して袋づめ.

冷蔵庫に移すことにしました.

匂いがしてきそうですね.


DSC_0158.jpg



まだ続く梅干し作り.

山の梅.

DSC_0019.jpg







伊勢に旅行中の長男から宅配便が届きました.

DSC_0153.jpg



伊勢神宮のお札を祀るお社.

DSC_0154.jpg


以前から台所に神棚を設けたいと思っていました.

台所や日々の営みを見守っていただけるように.



新しい家庭をもった長男たちが伊勢神宮へ行くというので,ほしいなとつぶやいていたのでした.

覚えていてくれたのですね.



お札は持ってきてくれるそうです.

お社を整えお札の到着を待ちます.


DSC_0155.jpg



大いなる自然への感謝.

心をととのえ,身をととのえ,日々を暮らす糧にしていきたいと思います.








お出かけ続きだった春.

2017年06月08日(Thu)


お出かけ続きだった春.


4月の末に福島を訪ねました.


福島三春の滝桜は葉桜に.

DSC_1860.jpg



会津若松の大欅.

DSC_1874.jpg


木からいただくパワー.



福島を訪れたのは漆器のお店を訪ねるため.

贈り物を探し,そして自宅使いの漆器を塗りなおしていただくため.



入れ子の一汁三菜椀は愛用品.

DSC_1847.jpg



一組の中にこんな風に入っています.

DSC_1845.jpg


6年前震災の後に訪れて以来,ずっと愛用しています.


DSC_1849.jpg



普段使いのため,少し塗りが剥げてきたところもあり,お直しをお願いしてきました.



今回は大鉢を二ついただいてきました.


DSC_2119.jpg






ところ変わって,6月の初めに訪れた木曽漆器の町,平沢.


DSC_2120.jpg



漆の工房が軒を連ねます.

DSC_2059.jpg



こういう小さなもの(茶道具)から,


DSC_2061.jpg



こういう大きなもの(祭りの山車の車輪)まで,漆です.

DSC_2098.jpg



特殊な技法で描かれる絵画も.

DSC_2078.jpg



頂いた心づくしの昼食の,器もすべて漆.お部屋の床も漆葺きでした.

DSC_2082.jpg



つくり手さんと対話し木曽漆器の魅力を堪能した一日.


お土産はスプーンとお箸.

DSC_2118.jpg


つくり手さんのお顔が浮かぶ小物を,大事に使っていきたいと思います.





他のおでかけ.


タケノコずくしのお料理は大多喜で.


DSC_1911.jpg


DSC_1912.jpg



DSC_1913.jpg

DSC_1914.jpg





京都でいただいた普茶料理.


DSC_1953.jpg


DSC_1955.jpg


DSC_1957.jpg


DSC_1959.jpg


DSC_1960.jpg





久々の山の家


DSC_1901.jpg



枝を広げてきた欅の木


DSC_1900.jpg



根付いた柿の木


DSC_1895.jpg



若葉をつけたリンゴの木


DSC_1894.jpg



いつか花咲く山になりますように.

DSC_1896.jpg