4月の料理教室

2018年04月14日(Sat)


中級春夏コースの第1回は春の恵みをたくさんいただく献立

DSC_0151.jpg

たけのことグルテンの混ぜご飯

たけのことわかめのみそ汁

揚げ豆腐

たけのこの木の芽和え

よもぎ餅



到来物のたけのこ.

DSC_0153.jpg


山の家で積んできたよもぎ.

DSC_0104.jpg


教室3年目の皆さんは和気あいあいと料理をします.

DSC_0131.jpg


緑鮮やかな草餅は汗をかきながらよもぎをつき込んだ力作

DSC_0133.jpg


春の献立をおいしくいただきました.


DSC_0147.jpg




中級秋冬コースの7回目

DSC_0170.jpg

黒豆ご飯

ひえと野菜のスープ

蓮根と厚揚げの味噌煮

白菜ロールのあんかけ

黒ゴマ豆乳プリン


どちらかというと冬の献立.

旬の時期ではない白菜は小さめサイズ.

でもちょうどいただきやすい大きさでした.


花冷えの寒い日に,これもいいねと,あたたかなメニューをおいしくいただきました.





初級コースのみなさんの役割分担も絶妙です.

DSC_0199.jpg

そばがきに澄まし汁を丁寧に注いで,美しく仕上げました.


DSC_0205.jpg

小豆ご飯

そばがきすまし汁

水なし炊き

ひじき蓮根


食養料理のひじき蓮根も丁寧に作りました.




小豆ご飯にそえた沢庵は自家製.

秋におちこち農園で収穫した大根がおいしい沢庵になりました.


DSC_0188.jpg




教室の片隅には春の花.

山の家からのお土産です.

DSC_0161.jpg


DSC_0166.jpg




教室の看板も花の中.

DSC_0167.jpg


季節は間もなく新緑の季節へと.



3月の料理教室

2018年03月20日(Tue)


3月初めの教室はひな祭りの日

中級春夏コース.


DSC_2038.jpg


かた焼きそば  
わかめスープ  
キャベツのピリ辛サラダ 
とうもろこしパンケーキ


季節感が少し合わなくてトウモロコシは缶のもの.

旬の季節が来たら新鮮なトウモロコシで作りたいですね.




初級の補講

5歳の女の子も参加して上手に包丁を使いました.


DSC_2046.jpg


ドリアのメニューがおいしくできました.


DSC_2051.jpg


5歳でも完食!





初級第6回


DSC_2196.jpg


キャロットピラフ
玄米ポタージュ
かぼちゃコロッケ
豆腐マヨネーズサラダ


DSC_2187.jpg


7人参加の日もありましたが,2セット作るものも用意して皆さんの役割がありました.




中級第6回


DSC_2205.jpg


かぼちゃ粥
しぐれみそ
ひじき五目煮
そばサラダ
小豆あん・あわぜんざい


かぼちゃは端境期,

この時期の沖縄産のかぼちゃは崩れがちでしたけれど,おいしさはばっちり.





山の家から届いたふきのとう


DSC_2118.jpg



この季節に食べたい,ふきのとう味噌.


DSC_2122.jpg


春の苦味は,冬の間にたまったものを流してくれます.





味噌作りも終盤.

赤大豆を使って作ってみました.


DSC_2105.jpg



二女と作りました.


DSC_2110.jpg



一緒に3種類・・・昨年も今年も・・・回を重ねるごとに伝わっていくものがあるでしょうか.


DSC_2113.jpg





ご縁を頂いて伺い,料理教室をさせて頂いた高崎市のお店.


DSC_2171.jpg


「医食同源」を掲げ,お客様によいものを届ける志高いお店に元気を頂きました.




2月の正食料理

2018年02月16日(Fri)


2月の自宅での料理教室

中級2年目の方たちの教室は10日.

食用料理のひじきこんにゃくを丁寧に作りました.

長いのはごぼうスティック.


DSC_1932.jpg




中級秋冬コースの方たちのクラスは11,12日,15日

ごぼうと揚げのご飯,小豆かぼちゃ,がんもどきと青菜,五目野菜の卯の花和え,ナッツケーキ.


DSC_1947.jpg



ひと手間のかかる献立5品.

どのクラスも,食材の準備も手際よく仕上げています.


DSC_1940.jpg




初級コースのクラスは16日,17日.

ひじきごはん,小豆昆布,切干大根と高野豆腐の煮つけ,白菜とりんごのサラダ,葛餅黒蜜きなこ添え.

手作りこんにゃくも添えました.


DSC_1979.jpg


塩味でいただく小豆昆布の新鮮なおいしさ,素材の甘さが際立つ切干大根・・・

初級には目からうろこの献立が並びます.






味噌作りの教室も続きました.


DSC_1901.jpg



DSC_1890.jpg



自宅用は木桶に詰めてたっぷり作ります.


DSC_1908.jpg





今年最後の手づくりこんにゃく.

こんにゃく芋から芽が出てきたので,急いで作りましたよ.


DSC_1963.jpg




今頃になって作った柚餅子.

能登旅行で味わってきたものを再現して作ってみたものです.


DSC_1972.jpg


自宅で作っていたものと能登の柚餅子はだいぶ違いました.

左が能登のもの,右が自宅で作ったもの.


DSC_1915.jpg


大きさも違いますが,中身が違います.

自宅はお味噌やナッツ類.

能登は餅粉でした.

切った時の違いはこんな感じ.


DSC_1980.jpg


どちらの柚餅子も何か月もかけて熟成させます.




保存食もいいけれど,ちょっとおやつが食べたいときには,さっと作れるものもいいですね.

正食のおやつはそんな時にぴったり.

お茶にしようか~と言ってからでもすぐ作れる

お芋のパイとおからスティック


DSC_1970.jpg


DSC_1973.jpg


バレンタインの日の,チョコならぬヘルシーおやつでした.





自宅教室では常時体験を受けています.

3月は,4日日曜日に空きがあります.

ご希望の方はお問い合わせくださいね.






1月の正食料理

2018年01月31日(Wed)

新年が明けてあっという間に1か月.

今日で1月も最終日です.



1月の正食料理.

1月8日.大阪本校での研究会.

茶懐石のご指導をしていただきました.


DSC_1558.jpg




自宅の教室は13日から.


中級2年目の方たちは

春夏メニューから,カレーピラフや大豆コロッケ.

豆腐レモンケーキも好評でした.


DSC_1574.jpg



中級秋冬コースの第4回

黒米雑穀ご飯や小豆入りだんご汁.

食用料理のきんぴら.

体の中からほっこり温まるメニューです.


DSC_1600.jpg



初級の第4回

玄米ドリアやあわクリームスープ.

ひよこ豆のサラダや豆乳ゼリーも人気です.


DSC_1603.jpg





大阪本校での中級第8回.

大阪の皆さんとご一緒し

金時豆ご飯とそばポタージュ

野菜のキッシュや人参のサラダ・クラッカーをおいしく作りました.


DSC_1661.jpg





季節に合わせ,体の状態に合わせていただく正食料理.

寒い季節を体調を崩さないで乗り切る知恵もたくさん詰まっています.


体験は随時受け付け中.

今月も体験においでの方がいらっしゃいました.

来月もお見えになります.


可能なかたちでご参加いただき,

正食でつながる輪が広がっていくことを願っています.







12月の料理教室

2017年12月31日(Sun)



11月末から12月にかけて東京や大阪での料理教室が続きました.


宮本先生の「料理男子を目指そう!」はJONAとの共催で

親子で楽しめるナチュラルクリスマスケーキ作り.

バースコーディネーターの永野清歌さんのお話もありました.


DSC_1027.jpg




同じく宮本先生ご担当の「ママカフェin桜新町」は石田勝紀先生とのコラボです.


DSC_1018.jpg


体をととのえる小豆昆布の作り方と効能を丁寧に伝えられました.




月末には大阪校で中級第4回の担当をさせていただきました.


DSC_1048.jpg





12月1日2日は東京校で昭子先生のおせち料理教室.


DSC_1080.jpg


お野菜を使ったハレの日の献立が見事に仕上がりました.

今年のおせちは正食で!と思われた方も多かったことでした.






自宅教室では,中級第3回


DSC_1169.jpg

玄米海苔巻き

ごま汁

コーフ・焼きコーフ

柿と車麩の酢味噌和え


コーフがふっくらとできました.

DSC_1165.jpg




初級第3回
DSC_1190.jpg


玄米ご飯(土鍋炊き)

白玉だんご汁

青菜と豆腐の炒め煮

ごま塩


ごま塩の奥の深さにみなさん驚かれます.





年末,孫が生まれて100日.

押し迫った時期に,お食い初めのお祝いをしました.

一足早く,おせち料理メニュー.

DSC_1443.jpg





孫のお膳の隣には干したアワビ.

DSC_1478.jpg


東北では干しアワビを口に当てて歯固めをする習わしがあるのだそうです.

東北出身のご両親が持参してくれました.


ご飯は小豆入りの玄米ご飯

正食で健やかに成長してほしいと願います.


孫の誕生にも,今年にあった様々なことにも感謝をして,1年を締めくくりました.