FC2ブログ

2019秋 新クラスのご案内

2019年07月25日(Thu)

体と心をととのえるマクロビオティックのごはん

正食千葉教室 おちこち のご案内


2019秋 新クラスがスタートします 


正食(マクロビオティック)は,玄米などの穀物や旬の野菜を中心としていただく,日本の伝統的な食を基本としています.

いただいているうちに体や心がととのい,食が健康を支えてくれていることに気づきます。


正食千葉教室 おちこちは,正食クッキングスクールのネットワーク校として,

大阪本校と同じ内容で初級・中級をお伝えしています.


正食の調理法と考え方をていねいにお伝えし,

自然に則した暮らしの中にある秩序と豊かさを共に学んでいきたいと思っています。


食から健康に!

日々の暮らしの中にある大きな気づきへの一歩.


2019秋,10月からの新規クラスのご案内をいたします.



正食(マクロビオティック)で大切にしていること


〇穀物を主食にしましょう.

〇一物全体(そのもの全体でひとつのいのち,まるごとをいただきましょう)

〇身土不二(身近な季節や風土から自然に生まれるものをいただききましょう)

〇陰陽調和(体を冷やすもの温めるもの,ゆるめるもの引き締めるもの,

        それぞれの性質の違いを知って体に合わせたいただき方をしましょう.)

〇食品添加物などが入った食品はなるべく避け,調味料は伝統的な製法のものを使いましょう.

〇よく噛んで少食に


これらのことをふまえた料理はむずかしそう?

いいえ,かえってシンプル,そしておいしい!そして元気になる!

まずは作っていただくことから(^-^)/




正食千葉教室 おちこちは?


自宅で行っているアットホームな教室です.

DSC_0477.jpg


6人までの少人数制.

DSC_5004.jpg


受講される方の幅は広いです.

それぞれのご様子に合わせ,料理の基本から食養まで,

質問にもお答えしながら丁寧にお伝えします.


DSC_0147.jpg


一緒にご飯を作り,いただくと,いつの間にか打ち解け,

おいでいただく方同士の交流や学び合いも,楽しみの一つになっています.




おちこち農園の作物や季節の手づくりも折に触れて紹介します.


DSC_0611.jpg


DSC_2485.jpg


土とつながり,自然とつながる教室です.




キッチンや室内のオーガナイズのヒントもあれこれ.


DSC_0641.jpg


DSC_4976.jpg


月に一度ここに来ると気持ちがととのうと言ってくださる方々がおられます.


自宅ならでは,生活まるごとが提案の場と考えてお伝えをしている教室です.




コースのご案内

初級コース(正食の基本コース 月1回講座 全10回)


DSC_5028.jpg

◆クラスの日程
 金曜日クラス 10/11 11/8 12/6  1/17 2/7 3/6 4/10 5/8 6/12 7/10
 土曜日クラス 10/12 11/9 12/7  1/18 2/8 3/7 4/11 5/9 6/13 7/11

◆ 時間  10:00~13:00                
◆ 定員  各回 6名
◆ 受講料 45,000円(テキスト代・食材費等含む)
   ※別途正食協会会員登録(年会費7,400円)が必要です
◆ 持ち物 エプロン 三角巾かバンダナ ふきん2枚 筆記用具

◆各回の献立
第1回  玄米ご飯(圧力鍋) 基本のみそ汁 蓮根ボール 青菜の磯辺和え
第2回  小豆粥 ごぼうと揚げのみそ汁 青菜のごま和え ひえドーナツ
第3回  ご飯(土鍋炊き) 白玉だんご汁 青菜と豆腐の炒め煮 ごま塩(食養料理)
第4回  玄米ドリア あわクリームスープ ひよこ豆のサラダ 豆乳ゼリー
第5回  ひじきご飯 小豆昆布(食養料理) 切干大根と高野豆腐の煮付け 白菜とリンゴのサラダ 葛餅黒蜜きな粉添え
第6回  キャロットピラフ 玄米ポタージュ かぼちゃコロッケ 豆腐マヨネーズ温サラダ
第7回  小豆ご飯 そばがきすまし汁 水なし炊き ひじき蓮根(食養料理)
第8回  玄米五目炊き込みご飯 野菜とそうめんのすまし汁 二色高野 ひじき白和え
第9回  スパゲティトマトソース 玄米スープ 車麩のフライ くるみクッキー
第10回 三色おはぎ ふのりのみそ汁  筑前煮 青菜と蓮根の梅和え



 
中級コース(秋冬)(正食が広がるコース 月1回講座 全10回)


DSC_4181.jpg


◆クラスの日程
 日曜日クラス 10/13 11/10 12/8  1/19 2/9 3/8 4/12 5/10 6/14 7/12
 月曜日クラス 10/14 11/11 12/9  1/20 2/10 3/9 4/13 5/11 6/15 7/13
 火曜日クラス 10/15 11/12 12/10 1/21 2/11 3/10 4/14 5/12 6/16 7/14

◆ 時間  10:00~13:00                
◆ 定員  各回 6名
◆ 受講料  50,000円(テキスト代・食材費等含む)
   ※別途正食協会会員登録(年会費7,400円)が必要です
◆ 持ち物 エプロン 三角巾かバンダナ ふきん2枚 筆記用具
◆ 中級は初級を終えられた方が対象です.初級との同時受講は可能です.

◆各回の献立
第1回  いなり寿司 そば米つぶつぶスープ 揚げそばがき 切干大根のアチャラ漬け ねぎ味噌餅
第2回  くるみご飯 キャベツと押し麦のスープ 信太巾着 高野サラダ パンプキンパイ
第3回  玄米海苔巻き ごま汁 コーフの作り方 焼きコーフ 柿と車麩の酢味噌和え
第4回  黒米入り雑穀ご飯 小豆入りだんご汁 蓮根のはさみ揚げ きんぴら(食養料理) かぼちゃういろう 
第5回  ごぼうと揚げのご飯 小豆かぼちゃ(食養料理) がんもどきと青菜 五目野菜の卯の花和え ナッツケーキ 
第6回  かぼちゃ粥 しぐれ味噌 ひじき五目煮 そばサラダ 小豆あん あわぜんざい
第7回  黒豆ご飯 ひえと野菜のスープ 蓮根と厚揚げの味噌煮 白菜ロールあんかけ 黒ごま豆乳プリン
第8回  金時豆ご飯 そばポタージュ 野菜のキッシュ 人参ドレッシングサラダ 人参とココナッツのクラッカー
第9回  菜飯 手打ちうどん のっぺい汁 大根と車麩の煮物 大根サラダ
第10回 きび入り蓮ご飯 けんちん汁(味噌味) 豆腐の野菜あんかけ ひじきこんにゃく さつま芋餅




季節のおちこちごはん(オリジナルクラス)
(中級コースを修了された方が対象です.お手当やおさらいを含みます.全5回)

中級コースを二回り(春夏,秋冬)終えられ,学びを継続したいという方々への提案です.

食事はシンプルにし,お手当を加えていきたいと思っています.


DSC_4443.jpg


◆クラスの日程
 木曜日クラス 11/14  12/12  2/13  4/16  6/18 
 土曜日クラス 11/16  12/14  2/15  4/18  6/20 

◆ 時間  10:00~13:00                
◆ 定員  各回 6名(3人以上で開催します)
◆ 受講料 5回分 15,000円(テキスト代・食材費等含む)
   各回払い 3,500円(テキスト代・食材費等含む)
◆ 持ち物 エプロン 三角巾かバンダナ ふきん2枚 筆記用具

◆各回の献立(予定)  
第1回 実りの秋のご飯       里芋のお手当
第2回 おせち料理          第一大根湯のお手当
第3回 お味噌作りの季節のご飯  枇杷葉エキス作り
第4回 芽吹きの春のご飯      生姜湿布のお手当
第5回 夏を先取り初夏のご飯    番茶を使ったお手当



おかあさんクラス(オリジナルクラス)
(地域の子育て中のおかあさんを中心に. 子育てにかかわるお話も交えて.全5回)


レギュラーコースを受講する余裕はないけれどという,子育て真っ最中のお母さん方への提案です.

子どもたちの健やかな成長のお手伝いしたいと思っています.

誘い合ってのグループ参加があれば,日程を検討いたします.

ご自分に合ったかたちで,学びの一歩を.


DSC_0107.jpg


◆クラスの日程 
  金曜日クラス 11/15  12/13  2/14  4/17  6/19 

◆ 時間  10:00~13:00                
◆ 定員  各回 6名(3人以上で開催します)
◆ 受講料 5回分 15,000円(テキスト代・食材費等含む)
   各回払い 3,500円(テキスト代・食材費等含む)
◆ 持ち物 エプロン 三角巾かバンダナ ふきん2枚 筆記用具

◆各回の献立(予定)
第1回 玄米ごはん 蒸し煮のみそ汁 里芋コロッケ 青菜のお浸し
第2回 玄米小豆ご飯  祝い雑煮 煮なますゆず釜 サツマイモとりんごの金団
第3回 味噌作り もしくは お味噌をつかった献立
第4回 のり巻き 若竹汁  白和え 
第5回 玄米ドリア 雑穀と夏野菜のスープ 豆乳かんてん




講師プロフィール

DSC_0442.jpg


正食千葉教室おちこち講師
正食クッキングスクール指導員
ライフオーガナイザー・メンタルオーガナイザー
千葉県の特別支援学校に36年間勤務
おちこち農園,北関東の山の手入れを夫と共に継続中
二男二女 孫一人!(^^)!


【お申込み・お問合せ】
正食千葉教室 おちこち  向後 あき子
 
場所  八千代市勝田台6-13-5
    京成バス「団地南」バス停より徒歩3分
    京成勝田台駅より徒歩18分
電話  090-9146-0308
メール  macrobi.chiba.@gmail.com
ブログ http://ochikochi55.blog.fc2.com/
ホームページ https://ochikochi55.jimdo.com/
正食協会   http://www.macrobiotic.gr.jp/






7月の料理教室

2019年07月24日(Wed)


7月の料理教室は各クラスとも最終回でした.


初級10回

DSC_5197.jpg


炒め蒸し煮のまとめとしての筑前煮

玄米ごはんの三食おはぎなど


初級を終えた皆さんは秋からの中級クラスにもおいでくださるそうです

またの再開が楽しみです



中級10回

DSC_5165.jpg


かぼちゃのポタージュや夏野菜の洋風重ね煮が季節にぴったりでした

10月からの中級秋冬コースに引き続きおいでくださる皆様もおられます




今月は本校でのクラス担当や

DSC_5208.jpg



東京校での教室もありました.

DSC_5216.jpg





本校の研修科にも参加

これは6月末に伺った時のごま塩の作り比べ

DSC_5120.jpg


塩とゴマ,こんなシンプルな材料でもお味が違うのです.


7月の実習はこちら

DSC_5247.jpg


本校での学びは自宅の教室に反映していきます



全てに出会いがあり学びがあります

今期もたくさんの出会いと学びを頂きました

ありがとうございました.

10月からの教室もどうぞよろしくお願いいたします.










季節の手づくり

2019年07月24日(Wed)


今年の天候は雨続き.


おちこち農園の農作物の収穫や加工は天候に合わせながらです


いつもより遅れた,ラッキョウの収穫と漬け込み


DSC_5108.jpg


DSC_5117.jpg




一気に大きくなったキャベツはザワークラウトに

DSC_5133.jpg


DSC_5135.jpg




うわみず桜は採取してきれいにして漬け込みます.

DSC_5236.jpg


DSC_5237.jpg


DSC_5241.jpg

10年物を目指して



雨続きの気候で,今年は梅用の赤紫蘇はまだ育っていません.

夏野菜の生長も今ひとつです.




窓辺のゴーヤもやっと1本


DSC_5262.jpg




自然の巡りに沿いながら

その年年の様子に合わせながら

感謝して暮らすことをおしえてもらっています




6月の料理教室

2019年06月21日(Fri)


6月の大事なお仕事は梅仕事.


DSC_5106.jpg


庭の梅の木に2粒だけ実がなりました.

山の家の梅はまだ未収穫です.




お取り寄せの梅10kg.


DSC_5056.jpg



追熟させてから漬け込みます.

今年のお手伝いは1歳10か月になった孫.


DSC_5087.jpg


ぎゅーと梅を握りしめながら一生懸命洗っていましたよ.

傷にならないかなと目をむけながら.



無事漬け込み完了


DSC_5094.jpg



何日かして上がってくるのが白梅酢.

赤紫蘇を入れると赤梅酢.

料理教室でも梅仕事を話題にしました.




さて今月のお料理.


初級第7回


DSC_5028.jpg


小豆ご飯やそばがきのすまし汁・・



初級第8回  


DSC_5098.jpg


二色高野は,ことこと炊いた高野豆腐と人参をサンドした揚げもの・・・,



初級第9回


DSC_5080.jpg


旬のトマトをたっぷり使ったスパゲッティ・・・.



中級第9回


DSC_5052.jpg


海苔巻きに,夏越の和菓子水無月を添えて・・・




教室にお見えの方から「をちこち」という和菓子をいただきました.

教室名「おちこち」に思いを寄せてくださって.


DSC_5045.jpg


DSC_5103.jpg





今期の教室も,残すところ7月のみになりました.



10月からの新クラスの日程を計画し,チラシの下準備中です.


DSC_5104.jpg



次期は,オリジナルクラスも考えています.


DSC_5105.jpg



中級を終えられた方のための「季節のおちこちごはん」


子育て真っ最中の方たちを対象とした「おかあさんクラス」




新クラスはそれぞれ10月からです.

改めてご案内をさせていただきます.

関心のある方はどうぞご検討ください.










料理教室から発信できること・・

2019年06月09日(Sun)



お弁当を食べてくださった方からいただいたお葉書.


S__21446676.jpg


先日,ヨガ教室の昼食後のプレゼントでした.



朝8時半までに40個ご用意したお弁当.


DSC_4922.jpg


せっせと作ったご褒美かな.

小さなお弁当が広げてくれる笑顔.





その数日後,自宅近くの方たちが連れだって料理教室に来てくださいました.

お子様が最寄りの小学校に通学されている育児真っ最中のお母さんたち.

家の子ども達4人も通学し,13年間お世話になった小学校.


嬉しい気持ちでお迎えし,正食の基本のご飯を一緒に作りました.


DSC_4948.jpg



お料理をしながらも話題になる学校のこと,子どもたちのこと.


いき詰まったときに気持ちを切り替えられることや場所があったなら.


地域の料理教室もその一助になるのではないかと思いました.





今日は初級日曜日クラスの9回目.

このクラスには,お母さんと一緒に参加している小学1年生のお子さんがいます.


DSC_5004.jpg



今日はくるみクッキー作りを引き受けていました.


DSC_5000.jpg



かいがいしく配膳も.

DSC_5009.jpg



食事は一人前しっかりいただいています,

DSC_5011.jpg



お子さんの姿から思う,料理教室にできること.




食べていただくこと.

共につくること,食べること. 


食は生活の軸.

生きていくための根っこ.



料理教室から発信できることの可能性を考えます.