夏の終わりに・・・

2017年09月05日(Tue)


暑かった夏が,ぽっきりと終わりに近づきました.

料理教室は初級中級とも一区切りし,10月から新しいクラスが始まります.

ホームページにもアップ.

玄関前にも案内を掲示.

ご参加をお待ちしています.


DSC_0198.jpg


それまではしばらくはお休みです.





この夏は梅干しを干すタイミングを外しました.

小梅は早く干したけれど.


DSC_0082.jpg


今頃になって干している梅もあります.


DSC_0193.jpg


梅酢も大事.


DSC_0085.jpg



できあがった梅干しもたくさんいただきました.

DSC_0194.jpg


すこし甘みを加えた漬け方でお茶のお供にも.




ブドウは秋のたより.

食べきれない分は,瓶に詰めて天然酵母づくり.

DSC_0147.jpg



ブルーベリーもたびたびいただきました.

DSC_0047.jpg


娘がブルーベリータルトに.

DSC_0125.jpg





大学生になった娘とはこの夏よく一緒に出掛けました.

買い物やカフェめぐり


娘は自分の好みの食器


DSC_0025.jpg



私はシラルガンのお鍋や台所小物.

DSC_0034.jpg


DSC_0030.jpg





台所にもよく立ちました.

娘のご飯は遊び心満載.


おむすびの脇には,まっくろくろすけの玄米おむすび.

DSC_0041.jpg



雑穀ご飯のカラフルなトッピング.

DSC_0042.jpg



そば粉で工夫したガレット

DSC_0179.jpg



かぼちゃのクッキーは中にゴーダチーズを少し.

DSC_0140.jpg



へしこのお茶づけにトマトも合いました.

DSC_0122.jpg



工夫して作ってくれるものを待つのはお楽しみ.



そういえば書きそびれていたこと,

8月のはじめの大阪本校での研究会.

冷蔵庫の中のものを活用した創作料理の数々は圧巻でした!


DSC_0053.jpg


身近にあるものを生かしながら

おいしいものを作り出す楽しさを実感したことでした.




自宅でもその積み重ね.

収穫終盤の夏野菜を使って

DSC_0181.jpg


今日も娘と過ごすよい時間です.











7月の料理教室

2017年07月27日(Thu)


7月で最終回を迎えた初級・中級の教室.

昨年10月から長期にわたり受講いただいた皆様に感謝です.

ありがとうございました.



初級第10回

DSC_0605.jpg

三色おはぎ

ふのりの味噌汁

筑前煮

青菜と蓮根の梅和え


おはぎの衣は旬のかぼちゃとごま,きなこ.中は玄米ご飯.

素材の甘さでおいしくいただきました.




中級第10回

DSC_0244.jpg


きび入り蓮ご飯

けんちん汁

豆腐の野菜あんかけ

ひじきこんにゃく

さつま芋餅


秋冬のテキストで始めた中級の献立は,この季節にはぴったりとは言えないけれど.

冷房で冷えた体には,時にはこんな献立も.



7月の教室には,最年少3か月の赤ちゃんの参加がありました.

まだ寝がえりはしないので,テーブルの隅にお布団を置いて参加してもらいました.


DSC_0250.jpg


赤ちゃんと4歳のお兄ちゃんとお母さんとおばあちゃん.

おばあちゃんの参加から,ご家族に広がって,秋からはお母さんが赤ちゃん連れで来てくださるそうです.

うれしいことですね.





大阪本校での研究会では郷土料理について学びました.


瀬戸内の郷土料理

「あづま」と呼ばれるおから寿司

DSC_0255.jpg

おからに米酢と梅酢を併せた調味が,食欲をひきます.


「棒ゆべし」

DSC_0258.jpg

農家で,砕け米を米粉にしてゆずや調味料と共にねり,竹皮に包んで蒸したお菓子.

ゆずを丸ごと使う丸柚餅子とは別です.



九州の定番のおやつ「大豆とイリコの揚げ甘煮」

DSC_0256.jpg

大豆を栽培・収穫し一粒一粒仕分けるところにもお話を及ぼされながら,教えていただいきました.

海のものと山のものの絶妙な取り合わせ.



上州の山里の「つとっこ」

DSC_0262.jpg

栃や朴などの大きな葉にもち米や小豆,雑穀を包んで蒸し煮して作る軽食.

これは,自分の郷里の食を思い返しながら紹介したものでした.



実習を経ての昼ご飯.

郷土食豊かに.

DSC_0264.jpg




郷土料理の学びの中で再認識をしたことは,どのお料理も生活に根差して生まれ,

身土不二であり一物全体であり.

陰陽の調和が図られたものということ.


日本の伝統的な食の中にある知恵

正食との連なり.

改めて,郷土料理を大切に思い返し作りたいと思った学びの機会でした.





自宅教室では,春に改装した台所に先日ワゴンが加わりました.

家具屋さんに依頼しておいたものです.


シンク下に引き出し型が2台.

DSC_0616.jpg

ぴったり中に入ります.


大きめのものが一台.

DSC_0621.jpg


引き出せば調理台にも使えます.

DSC_0641.jpg



テーブルと同じ高さにしているので連結すると長ーいテーブルに.

DSC_0631.jpg


台所をオーガナイズしながら,生活の場での工夫もお伝えしていけたらと思っています.



自宅での料理教室は,8月は補講なども含めて少しあります.

そして新クラスの開講は10月になります.

日程など後日アップいたしますね.

秋からの教室もどうぞよろしくお願いいたします.




九州への旅

2017年07月27日(Thu)


九州への旅.

正食のお仲間を訪ねる旅.

成田から福岡へ.

そして佐賀へ.



佐賀の「正食クッキングスクールおひさま佐賀教室」はカフェを併設する教室.

DSC_0485.jpg



前日ご出産との吉報を伺いながら,お母さまが作られているランチを頂きました.

DSC_0489.jpg




佐賀駅からほど近い吉野ケ里遺跡.

広い園内を歩き,弥生時代の生活に想いを馳せました.

DSC_0501.jpg


竪穴式住居の内部を見るのは初めて..

DSC_0509.jpg


この時代にさかのぼる稲作文化のルーツを思いました.

DSC_0510.jpg




佐賀から久留米へ.

お仲間と合流.関西からのお仲間も一緒に.

そして,行ってみたかった,古民家レストランHAZEに連れて行っていただきました.

DSC_0523.jpg


野菜の美しさを際立たせるセンスと包丁使い.

DSC_0516.jpg


ジャガイモと桃をとり合わせる独創性.

DSC_0519.jpg

そのほか,どのお料理もおいしくいただきました.




翌日は「正食料理くらし教室」

店舗を併設し,様々な企画をされている教室です.

DSC_0512.jpg


中級第5回の教室に参加させて頂きました.

DSC_0528.jpg


くらし教室の道具ぞろえ.

木製グッズもこんなにたくさん.他の器具やお道具も.

DSC_0538.jpg


子どもさんの参加もごく自然です.

DSC_0534.jpg


生徒さんの身になる経験を第一に.

やさしさとダイナミックさあふれる教室,先生方のお人柄そのままに.




そして熊本「マクロビオティックbaseていねいな暮らし」

昨春の直下の地震を乗り越えてきた街.

その経験を経てきた建物と暮らし.

baseの瀟洒で素敵な外観.

DSC_0557.jpg


この建物丸ごとが実践の場,活動の展開の場です.



ご用意いただいた心尽くしの夕食.

DSC_0552.jpg


DSC_0553.jpg


DSC_0554.jpg


DSC_0555.jpg


夜のおしゃべりは途切れることなく・・・




3日目は宮崎の高千穂へ.

高千穂は宮崎県の北部.

県南の都城から,一泊どまりで滞在し案内してくれたお仲間.



高千穂峡を見下ろし,

DSC_0562.jpg


ボートに乗って見上げ.

DSC_0572.jpg




森の中に見つけた,石の蔵を移築した「千人の蔵 むすびカフェ」

DSC_0584.jpg


正食にご縁を感じながらの昼ご飯.

DSC_0578.jpg




天岩戸神社

DSC_0589.jpg


天照大神が身を隠された岩戸から,八百万の神が集まったという天安河原へ.

DSC_0596.jpg





夜の熊本空港を後に成田へ.

盛り沢山な3日間の旅.

これも九州のお仲間にお世話になってのこと.


知らなかった方たちが知る方になり,こんなにも近しく親しく,思いと時間を共にできる幸せ.

正食という生活の軸がつないでくれる信頼感.

その中で感じ,考えること,いただく励まし.

旅の中身を消化していくには,当分時間がかかりそうです.



お土産いろいろ.

DSC_0600.jpg



早速炊いてみた高千穂土産の棒鱈と干しタケノコの炊き合わせ.

DSC_0648.jpg


これも旅の中身の消化?!



お世話になった皆様に感謝です.

ありがとうございました.





6月の料理教室

2017年06月26日(Mon)


6月の料理教室.


中級第8回.


DSC_0003.jpg

金時豆ご飯

そばポタージュ

野菜のキッシュ

人参ドレッシングサラダ

人参とココナッツのクラッカー



季節の野菜,人参をたっぷり使った献立でした.

そばポタージュのまろやかさに絶賛の声.




初級第9回.


DSC_0055.jpg


スパゲッティトマトソース

玄米スープ

車麩のフライ

くるみクッキー


DSC_0058.jpg


旬のトマトをたっぷりいただける季節.

この季節はトマトソース.

秋冬はきのこソースでいただきます.




初級第6回.

DSC_0067.jpg


キャロットピラフ

玄米ポタージュ

かぼちゃのコロッケ

豆腐マヨネーズ温サラダ



かぼちゃがおいしい季節になりました.

コロッケづくりのハードルを下げてくれる,おいしくて簡単なレシピです.





大阪本校での研究会.


DSC_0011.jpg


DSC_0016.jpg


基本のメニューの作り比べ食べ比べ.

いつも深く勉強になります.





大阪本校での公開講座.

小川友子先生のスウェーデンスイーツ.

DSC_0148.jpg


あんずのケーキ

キャロブファッジ

イチゴとブルーベリーのフロマージュ

ご自宅のお庭のタンポポ茶



スウェーデンからお持ちくださった食材をふんだんに使ってたヘルシーでおいしいデザート.


この教室は7月1日に東京校でも行われます.

まだ申し込み受付中ですよ.





季節は夏へ.


DSC_0065.jpg


夏を越して食べる沢庵も,いよいよ桶から出して袋づめ.

冷蔵庫に移すことにしました.

匂いがしてきそうですね.


DSC_0158.jpg



まだ続く梅干し作り.

山の梅.

DSC_0019.jpg







伊勢に旅行中の長男から宅配便が届きました.

DSC_0153.jpg



伊勢神宮のお札を祀るお社.

DSC_0154.jpg


以前から台所に神棚を設けたいと思っていました.

台所や日々の営みを見守っていただけるように.



新しい家庭をもった長男たちが伊勢神宮へ行くというので,ほしいなとつぶやいていたのでした.

覚えていてくれたのですね.



お札は持ってきてくれるそうです.

お社を整えお札の到着を待ちます.


DSC_0155.jpg



大いなる自然への感謝.

心をととのえ,身をととのえ,日々を暮らす糧にしていきたいと思います.








5月の料理教室

2017年06月05日(Mon)


5月の料理教室.

連休中に中級の教室がありました.



DSC_1928.jpg


第7回の献立は,

黒豆ご飯

ひえと野菜のスープ

蓮根と厚揚げの味噌煮

白菜ロールのあんかけ

黒ごま豆乳プリン



DSC_1925.jpg


この時期にも白菜が手に入り,白菜メニューを楽しむことができました.

予定を変更しての実施でしたが,皆さんご参加くださり感謝でした.





連休明けには大阪本校での研究会.

この日はお手当の勉強会でした.

体験のシェアと実技の伝達.

お手当の効能を改めて実感した日でした.

お昼は初級料理の持ち寄りで.


DSC_1944.jpg



その前日には桜沢研究会にも参加しました.

桜沢如一先生の本を読み合わせながらの勉強会です.

複数で学ぶ中に,一人では気づかない深まりがあります.


研究会には新たな試みが様々取り入れられています.

新たな学びを得つつ,同時に基礎基本を確かめ合える時間.

今年も本校での勉強会にしっかりと参加したいと思いました.





初級第3回.

玄米ご飯(土鍋炊き)

白玉だんご汁

青菜と豆腐の炒め煮

ごま塩

DSC_1967.jpg


今回の玄米ご飯は土鍋炊き.

圧力釜炊きとの違いを話題にします.

食養料理のごま塩は,効能と作り方を丁寧に伝えます.

青菜と豆腐の炒め煮はさっと作れておいしいメニュー.

「今晩,早速作ります!」という人も.



初級第8回

玄米五目炊き込みご飯

野菜とそうめんのすまし汁

二色高野

ひじき白和え


DSC_2033.jpg


高野豆腐の一味変わったいただき方に驚きの声.

白和えは人気メニュー.

「一人暮らしの食卓の救世主」との感想も届きました.





さて,おちこち農園では,ちょっと小粒のエシャーレットを収穫.

ひと手間かけたらきれいになりました.


DSC_2053.jpg


沖縄の島らっきょうみたいと思いながら,いろいろな味に漬けてみました.

DSC_2056.jpg

塩,みそ,醤油,梅酢,甘酢

この後キムチ味も.



小梅も収穫時期です.

DSC_2043.jpg


こちらはカリカリ梅に.



大きい梅はまだ早いのに,収穫してきてしまった夫さん.

梅干しにしたかったけれど,梅酒用ですね.

DSC_2102.jpg



植えそびれたこんにゃく芋で,こんにゃく作りも.


DSC_2105.jpg



使いかけの粉を一掃して,時にはパンも.


DSC_1984.jpg



5月もあっという間に過ぎて,間もなく梅雨時を迎えます.

乾物などの食材の整理もしておきたいですね.