FC2ブログ

季節の手づくり:冬

2019年01月06日(Sun)

年末から新年にかけて,冬の季節の手づくりが続きました.

先人の知恵を引き継ぎながら,自分たちの暮らしに合わせて工夫して食まわりを整えます.



山から収穫してきたゆずで柚餅子作り.

中身を詰めて蒸してから少し干して

DSC_3174.jpg


和紙に包んで寒風にさらします.

DSC_3181.jpg

軒下につるして2か月ほどで完成です.


北風に当てたら梅紫蘇もよく乾いたのでゆかりにしました.

DSC_3183.jpg



畑の大根で沢庵漬けも忘れずに.

DSC_3059.jpg

糠と塩のみ,甘みは干し柿の皮などで.



年越しそばのくるみだれには山で収穫した鬼ぐるみ.

とても固いのでオーブンで焼いてから割ります.

DSC_3184.jpg



年越し蕎麦は夫さんの手打ち.

DSC_3290.jpg



お正月にはおせち料理.

DSC_3205.jpg



正月明けには畑へ.

新鮮な野菜が調達できるのがうれしい.

DSC_3293.jpg



畑に残っていた赤かぶは漬物に.

DSC_3304.jpg



年末に収穫しておいた大豆が乾燥.

DSC_3308.jpg


台風などで不作でしたけど,何とか今年用の種は確保できました.


唐辛子は豊作でしたけど,こんなにたくさんどうしましょう.

DSC_3309.jpg



今年最初の味噌作り.

畑の大豆も使います.

DSC_3260.jpg


付箋に書いたメモはきちんと書き直して,分量や作った様子を記して張り付けておきます.

DSC_3302.jpg

これは玄米麹の味噌.

これから米麹や麦麹の味噌を次々作ります.



今日は,間もなく断乳をする予定の孫のお口のお供に干し芋作り.

DSC_3298.jpg

どんなサイズが食べやすいのかなと考えながら切りました.


夫さんは大量に作る気満々で,蒸した芋を切る道具を作りました.

DSC_3300.jpg


細い間隔でピアノ線が張ってあります.

はたしてうまくいくのでしょうか?




季節の手づくりはわが家の暮らしのベース.

おちこち農園で野菜を作り

山の果樹を収穫し,

季節のものを大切に,

自然に沿う暮らしを心がけています.


マクロビオティックのお料理をお伝えする正食千葉教室おちこちも,

先人の知恵に学び自然に学ぶ教室です.






実りの秋の手づくり

2018年09月27日(Thu)


実りの秋

柿やサツマイモや落花生が取れ始めました.


DSC_2075.jpg


落花生はまずはゆで落花生に.

お芋も蒸かしてお味見.

柿はそのまま.


夫のリクエストでチップにもしてみました.


DSC_2106.jpg


なかなか乾きません.



ゴマも収穫時です.

刈り取って陽に干して粒を取り出します.


DSC_2081.jpg



DSC_2100.jpg


ここまでするには結構時間がかかります.

カルシウムもビタミンも豊富なゴマ.

たっぷりといただきましょう.




山から青柚子,畑から青唐辛子


DSC_2122.jpg



と言えば,作るのは柚子胡椒.


DSC_2134.jpg


今年の柚子胡椒ができました.



実りの秋の手づくりがしばらく続きます.




夏には夏の楽しみが・・・

2018年08月15日(Wed)


今年は晴天続きで,梅干し日和はたっぷりありました.


DSC_1589.jpg



紫蘇も梅酢も大事


DSC_1594.jpg



もとはこの梅

DSC_1262.jpg


ワイルドな山の家の梅でした.




山の真竹の小さなたけのこも干しました.


DSC_1257.jpg




はじめの頃は大事に食べていたトマト.


DSC_1399.jpg


たくさん採れ出してからは,次々と干しトマトや,ソースに.



人参も長い期間収穫していただきました.


DSC_1400.jpg


お馬にもおすそ分け.




とうもろこしも採りたてをすぐにゆでたら格別に甘いです.


DSC_1398.jpg




らっきょの加工はちょっと前のこと.


きれいに洗って


DSC_1323.jpg



とりあえず塩漬けにしておきました.


DSC_1334.jpg




大忙しの時はつい写真を撮るのも忘れがち.


DSC_1851.jpg



ブルーベリーや桑の実や梅のジャムも作たっけ.





到来物のへべす.

宮崎県の柑橘です.


DSC_1615.jpg



これは娘たち夫婦から.

夏や冬に,南から順番に1県ずつの特産品が届きます.


薄く輪切りにして,冷たいおそばにのせて頂くとさわやか~!



暑い夏ですが,夏には夏の楽しみが・・・






6月の山から

2018年06月28日(Thu)


山の家の梅の木に実が付きました.

うっすらと色づいて,熟しています.


DSC_1194.jpg



実をもいで,よさそうなもの選ぶと6キロほど.


DSC_1262.jpg




さっそく梅干し用に漬け込みました.

DSC_1265.jpg


ワイルドな実もあるけれど,自然の力強さをもった無農薬の梅です.



まだ青い実の木もあるので,来週も山へ収穫に.

梅干し作りの続きです.




桑の実はジャムに.


DSC_1263.jpg




真竹のたけのこは,干したけのこに.


DSC_1257.jpg


保存し,工夫をしながらいただきます.





田舎の母からのプレゼント.

お願いしていた手づくりの布草履です.


DSC_1256.jpg


家族分.

小さいのは孫用.

小さいけどまだ大きい.

これからの季節,家の中ではくと気持ちがよさそう.



子どものころに作った記憶をたどって作ってくれました.

工夫と知恵の詰まった草履.




訪ねた時にいただいた昼ご飯.

DSC_1213.jpg


まさに正食.

心のこもったごちそうでした.






季節外れの味噌作り

2018年05月29日(Tue)


いつもは寒のうちに仕込んでいる味噌ですが,今回はこの時期にも作っていみることにしました.


先日,無農薬のお米を頂いている農園に伺った時,大豆も購入しました.

そしたら,「この甕で味噌作って」と大きな甕を頂いたのです.


DSC_0875.jpg


この甕です

そこで他の材料も用意して,仕込んでみることにしました.

福岡の高取保育園の子どもたちは毎月味噌を仕込んでいて,暑い時期の味噌は発酵が早いと知っていると聞きました.

私も確かめてみたいと思います




大豆をつぶすのはミンサーで

DSC_0876.jpg

固定する場所がなくて,壁に向かってすることに




つぶれ方はなめらかです

DSC_0881.jpg




塩切麹と合わせて,しっかりと甕に詰めます.

DSC_0883.jpg




残った煮汁は,市原の郷土料理「豆造」に

DSC_0880.jpg





カビを防げるように,味噌の表面は昆布で覆ってみました.

これからの季節をどうのり切れるか,気の抜けない夏です