FC2ブログ

実りの秋の手づくり

2018年09月27日(Thu)


実りの秋

柿やサツマイモや落花生が取れ始めました.


DSC_2075.jpg


落花生はまずはゆで落花生に.

お芋も蒸かしてお味見.

柿はそのまま.


夫のリクエストでチップにもしてみました.


DSC_2106.jpg


なかなか乾きません.



ゴマも収穫時です.

刈り取って陽に干して粒を取り出します.


DSC_2081.jpg



DSC_2100.jpg


ここまでするには結構時間がかかります.

カルシウムもビタミンも豊富なゴマ.

たっぷりといただきましょう.




山から青柚子,畑から青唐辛子


DSC_2122.jpg



と言えば,作るのは柚子胡椒.


DSC_2134.jpg


今年の柚子胡椒ができました.



実りの秋の手づくりがしばらく続きます.




夏には夏の楽しみが・・・

2018年08月15日(Wed)


今年は晴天続きで,梅干し日和はたっぷりありました.


DSC_1589.jpg



紫蘇も梅酢も大事


DSC_1594.jpg



もとはこの梅

DSC_1262.jpg


ワイルドな山の家の梅でした.




山の真竹の小さなたけのこも干しました.


DSC_1257.jpg




はじめの頃は大事に食べていたトマト.


DSC_1399.jpg


たくさん採れ出してからは,次々と干しトマトや,ソースに.



人参も長い期間収穫していただきました.


DSC_1400.jpg


お馬にもおすそ分け.




とうもろこしも採りたてをすぐにゆでたら格別に甘いです.


DSC_1398.jpg




らっきょの加工はちょっと前のこと.


きれいに洗って


DSC_1323.jpg



とりあえず塩漬けにしておきました.


DSC_1334.jpg




大忙しの時はつい写真を撮るのも忘れがち.


DSC_1851.jpg



ブルーベリーや桑の実や梅のジャムも作たっけ.





到来物のへべす.

宮崎県の柑橘です.


DSC_1615.jpg



これは娘たち夫婦から.

夏や冬に,南から順番に1県ずつの特産品が届きます.


薄く輪切りにして,冷たいおそばにのせて頂くとさわやか~!



暑い夏ですが,夏には夏の楽しみが・・・






6月の山から

2018年06月28日(Thu)


山の家の梅の木に実が付きました.

うっすらと色づいて,熟しています.


DSC_1194.jpg



実をもいで,よさそうなもの選ぶと6キロほど.


DSC_1262.jpg




さっそく梅干し用に漬け込みました.

DSC_1265.jpg


ワイルドな実もあるけれど,自然の力強さをもった無農薬の梅です.



まだ青い実の木もあるので,来週も山へ収穫に.

梅干し作りの続きです.




桑の実はジャムに.


DSC_1263.jpg




真竹のたけのこは,干したけのこに.


DSC_1257.jpg


保存し,工夫をしながらいただきます.





田舎の母からのプレゼント.

お願いしていた手づくりの布草履です.


DSC_1256.jpg


家族分.

小さいのは孫用.

小さいけどまだ大きい.

これからの季節,家の中ではくと気持ちがよさそう.



子どものころに作った記憶をたどって作ってくれました.

工夫と知恵の詰まった草履.




訪ねた時にいただいた昼ご飯.

DSC_1213.jpg


まさに正食.

心のこもったごちそうでした.






季節外れの味噌作り

2018年05月29日(Tue)


いつもは寒のうちに仕込んでいる味噌ですが,今回はこの時期にも作っていみることにしました.


先日,無農薬のお米を頂いている農園に伺った時,大豆も購入しました.

そしたら,「この甕で味噌作って」と大きな甕を頂いたのです.


DSC_0875.jpg


この甕です

そこで他の材料も用意して,仕込んでみることにしました.

福岡の高取保育園の子どもたちは毎月味噌を仕込んでいて,暑い時期の味噌は発酵が早いと知っていると聞きました.

私も確かめてみたいと思います




大豆をつぶすのはミンサーで

DSC_0876.jpg

固定する場所がなくて,壁に向かってすることに




つぶれ方はなめらかです

DSC_0881.jpg




塩切麹と合わせて,しっかりと甕に詰めます.

DSC_0883.jpg




残った煮汁は,市原の郷土料理「豆造」に

DSC_0880.jpg





カビを防げるように,味噌の表面は昆布で覆ってみました.

これからの季節をどうのり切れるか,気の抜けない夏です





季節のものを「まわす」

2018年05月29日(Tue)


山からのお土産

蕗がたくさん

DSC_0837.jpg



下準備もたくさん

DSC_0840.jpg



到来物のソラマメ

こんなにたくさん


DSC_0887.jpg


早速いただきます

DSC_0810.jpg





今日は午前中大根の配達でした

大きくなって収穫時の夏大根

一気に30本ほど抜いて,ご近所の皆さんにお配りしました.

トラックいっぱいの大根がなくなって,残り1本は自宅用


DSC_0888.jpg




そして夕方,犬の小夏と散歩をしていたら,近くの畑でキャベツのおすそ分けをいただきました


DSC_0889.jpg


その方は,いつも息子さんと散歩をされていて,言葉を交わしたことがある方でした

96歳と伺っていました

畑もされていたとは!

畑も息子さんとご一緒でした.

「蒸して食べるといいですよ」って話されていました.

私も同感です

ひとしお元気をいただけそうなキャベツです




以前屋久島に行った時,「まわす」という言葉を教えてもらいました.

海でたくさんサバがとれたら「まわす」

畑でたくさん収穫があったら「まわす」



「まわす」ということは,つながるということ


その言葉を思い出しながら,小夏と一緒に幸せな気持ちで帰路につきました