FC2ブログ

それぞれの旅

2018年09月05日(Wed)


不思議な旅支度.

砂浴から帰宅した荷物です.


DSC_1965.jpg



お手製の袋の中に入っているのは,ビーチパラソル代わりのこうもり傘や,それを固定する棒や,砂を掘るためのスコップ.

その他,砂浴グッズあれこれ.



以前からしてみたかった砂浴を千葉の白子海岸の砂浜で経験することができました.

見えるのは,砂浜と大海原,そして空.

聞こえるのは波の音.

ただただ砂の中に埋もれている.

写真は一枚もなし.


砂浴は大きなデトックス効果があるそうです.

1日目2時間.

2日目5時間.

心にも体にも響いた気がします.





私と入れ替わり旅立った娘.


DSC_1967.jpg


こちらは初めての海外,フィンランドへ.




夏の終わりに,どちらも新たなチャレンジ.

それぞれの旅.



久々のキャンプ

2018年08月16日(Thu)

久々のキャンプ

上三人の子どもたちが小さい頃はよく行っていたな~

屋久島,島根・白馬・・・結構遠方へ.


ところが,年の離れた次女はキャンプを経験してないと話題に.

ということは,もう20年近くしていなかったのです.


では行こうと,キャンプ場を探して手配してくれたのは次男.

娘家族も10カ月の赤ちゃん連れで初キャンプ.

ところがこれは,当日赤ちゃんの体調不良で断念.

それで家族4人と長男夫婦の6人のキャンプになりました.



森の中

直火オッケーのキャンプ場.

いつもとは違うキャンプならではの食事特集です.



まず取り掛かったのは全粒粉のツイストパン

DSC_1690.jpg


ダッチオーブンにも仕込みます.

DSC_1704.jpg


バーベキューも始まって

DSC_1705.jpg


ツイストパンも温野菜も網の上

DSC_1707.jpg


焼けた!ワイルドに食べる.

DSC_1725.jpg


パンも焼けた

DSC_1748.jpg


早い時間からの食事タイム.

DSC_1741.jpg



作っては食べ,食べては作り・・・


ローストビーフにも挑戦

DSC_1735.jpg



丸ごとの鳥と野菜をダッチオーブンに.

DSC_1758.jpg


焼けた.

DSC_1803.jpg



ホイルで蒸し焼きした野菜もおいしい,

DSC_1768.jpg


タイの塩釜

DSC_1773.jpg


焼けた.

DSC_1791.jpg


塩から取り出してへべすをのせると美味.


DSC_1806.jpg


燻製づくり

DSC_1785.jpg


卵も半熟のまま燻製に.

DSC_1814.jpg


ハンモックで一休みの次女.

DSC_1776.jpg



直火を囲んで夜はふける


翌朝


残ったものはトマトスープに.

DSC_1816.jpg


ぜひ目玉焼きをつくってみたかったという二男.

DSC_1821.jpg


朝ごはんはシンプルに..


DSC_1829.jpg



木漏れ陽の中でゆっくりと.

DSC_1841.jpg


この後撤収

DSC_1842.jpg

立つ鳥跡を濁さず・・・


久々のキャンプは,子どもたちの成長と,時の経過をかみしめるものになりました.

この家族は何があっても生きていけそうなんていう会話も交わされていました.

自分から動く,自分から楽しむ,

そういう主体的な姿がみんなの中にあふれていることがうれしいことでした.

夏の恒例のキャンプになりそうです.

初めての文楽

2018年08月16日(Thu)

大阪での研究会の日の夜

日本橋の国立文楽劇場に行きました.

初めての文楽鑑賞です.


DSC_1672.jpg


東京ではなかなか入手できない文楽のチケットが大阪では比較的手に入りやすいと聞いていました.


その日のレイトショーの演目は「新版歌祭文」と「日本振袖始」


DSC_1685.jpg


人形の動きや太夫の語りに引き込まれ,江戸文化の華やぎを味わいました.




さらに欲張って,翌日のチケットも入手していたのでした.

翌日は千穐楽.


DSC_1684.jpg



午後の上演は2時から.

演目は「卅三間堂棟由来」「大塔宮あさひの鎧」


DSC_1676.jpg


巧みな構成に引き込まれ,文楽の魅力が分かったような気がしました.



展示室をのぞくと文楽の背景に触れることができます.


華やかな衣装


DSC_1679.jpg


中はこんな風に.


DSC_1681.jpg


太夫さんの座り方


DSC_1678.jpg


初めての一人文楽鑑賞は大満足でした.




一泊していたので午前の時間はぽっかり空いて,何をしようかな?

見たいと思った映画は満席で入れず,ぶらっとしていたら引き寄せられたのがこの場所.


なんばグランド花月


DSC_1660.jpg



夏休みバージョンでお子どもさんもたくさん.


DSC_1686.jpg


一緒に笑ってきました.



そのあとは近くの道具屋筋へ.


DSC_1666.jpg


流し缶を買い求めました.


DSC_1688.jpg



そして再度文楽へ.


大阪で過ごした私の夏休みでした.

早春の日に.

2018年03月20日(Tue)


3月11日,早朝.

2台の自転車.


DSC_2124.jpg



夫と二女のお出かけ.

これから夫の実家まで自転車で出かけます.


DSC_2127.jpg


実家は銚子方面で,家から約80km.

4人の子どもたちそれぞれが一度はチャレンジしているイベント?です.


二女は19歳,夫は年齢も体力の衰えも忘れて,嬉しそうに出かけていきました.

DSC_2132.jpg



この軽トラはちょうど前日に届いた新車.

帰りは電車で,自転車は後日この軽トラで回収に行きます.


DSC_2135.jpg





残ったのは小夏と私.


DSC_2157.jpg


私は午後から用事があって,合流することができません.


散歩に出かけます.


庭先のかりんが芽吹き,


DSC_2147.jpg



根元のパンジーも一気に花が増えました.


DSC_2151.jpg



小さなプランターの中にも春の訪れ.


DSC_2150.jpg



シャクヤクの芽も芽吹いていました.


DSC_2152.jpg




ラジオ体操をする広場まで行くと,河津桜が満開でした.


DSC_2145.jpg





「ついたよー」と連絡が来たのは午後2時.

佐原の町でウナギの白焼きを食べ.銚子では岩盤浴を楽しんだとか.



帰宅してから夫に「幸せだった?」と尋ねると,「うん!」と言っていました.


お尻は痛そうでしたけど.






大切な人と過ごす時間

2018年03月20日(Tue)


3月のはじめ,愛媛に行ってきました.

大切な方を訪ねて.

夜更かしをして話した翌朝,用意していただいた朝食.


DSC_2026.jpg



手入れをされている森へ.

森の入り口のため池,早春の情景.


DSC_2029.jpg



森には春の息吹.


DSC_2036.jpg


カエルも目を覚ましていました.


DSC_2032.jpg



先を歩くお二人にいつも道を示していただいています.


DSC_2034.jpg


訪ねさせていただく方のいる幸せを思いました.






母と妹と伊香保温泉へ.


DSC_2071.jpg



部屋から見える北関東の山並み.


DSC_2070.jpg


ただただゆっくりと.




帰路立ち寄った水沢は上州地粉のうどんの町.


DSC_2095.jpg


それと,こんにゃく.


DSC_2096.jpg



水沢観音の裏山に万葉の歌碑


DSC_2090.jpg



鐘の音の余韻の中でしばし心は時間を越えて.


DSC_2094.jpg