京都散策

2015年11月27日(Fri)
京都,ぶらり散策.

錦市場の有次へ.


ありつぐ


以前に買い求めた包丁を持参し,研いでもらおうと思ったら,2か月かかるとのこと,認識不足でした!
今回は,抜き型を求めました.



うさとのお店も訪ねました.お気に入りを1着.

うさと




イノダコーヒ本店で一休み.


イノダこーひ


晩秋の山里から

2015年11月25日(Wed)

三連休,夫と二男は山の家へ.

山の朝焼け.


空


一軒の農家の軒先.


船子






ほんとに大変な仕事の時は写真撮る余裕もないのですね.

何をしてきたかは話だけ.


お土産には,晩秋の山里の,ゆずと柿が届きました.


山の土産



あと,みかんが4つ.


みかん


昨春,南側に開けた段々に植えた木に実ったみかんです.

鹿とイノシシの被害が多い中,よく持ちこたえました.

食べてみると,野性的な味の濃いみかんでした.




柿柿


柿は再度干し柿に.

ドライフルーツ風にしたらという夫のアイデアで,一部はスライスして干してみました.


晩秋の山里の風景を思い起こしながら,




東京校の料理教室

2015年11月25日(Wed)
11月24日.

正食クッキングスクール東京校では,島田先生による料理教室がありました.

「こだわりや」の店長さんたちを対象とした料理教室でした.

各店舗で,早速,お客様への応対に反映されるのではないかと思いました.

写真を撮りはぐれました,残念!



桜新町駅のサザエさん一家は,マスオさん冬支度でした.


ますおさん












娘のランチ

2015年11月25日(Wed)
勤労感謝の日.

娘は職場の同僚さんたちを招いてランチ会とのこと.

むすび誌12月号で紹介していただいた,大根でつくる冬椿.

教えてあげたら,楽しくて,こんなにたくさん作ったそうです.


美穂のランチ






心をつなぐプレゼント

2015年11月19日(Thu)

久々に会った友達からのプレゼント.

お母さまが刺してくださったという,刺し子のふきん.



プレ2




そして,これ.

コットンパールののネックレス.


プレゼント1



「思い浮かべながらつくったよ」

心をつないでくれる手づくりのプレゼント.

人参づくしの平日ランチ

2015年11月19日(Thu)
仕事をやめてからの,楽しみの一つは平日ランチ.

今日は行先の予定を変更して,自宅でのランチに.

というのも,朝の畑でかわいい人参を収穫したから.

人参


この人参たちで,人参づくしのランチになりました.


ランチ


人参だけでなく,ほとんどの野菜が自宅農園のもの.

自然の恵みに感謝して,友と一緒にいただきました.

わっぱのお弁当

2015年11月17日(Tue)
上の娘と出かけて,わっぱ弁当を求めて帰宅した昨晩,

下の娘が,友達のお弁当箱を持ち帰っていました.

マクロビ弁当をリクエストしていたお友達が,とうとう自分のお弁当箱をもってきたとのこと.

それなら,グッドタイミング,二人ともわっぱ弁当で.

というわけで今朝は,今まで使っていたのと新しいのと,大急ぎで二つのお弁当が並びました.



わっぱ弁当小


谷根千 散歩

2015年11月17日(Tue)
平日の一日,仕事がお休みの娘とおでかけ.

娘のお目当ては谷中のかごやさん.


谷中1


たけかご


それから,谷中界隈を散策.

古いアパートをリメイクしたhagiso

谷中3


老舗のカフェ,カヤバ珈琲


谷中5


卵サンドは,開店当時から変わらない味.


やなか6


ふらっと入ったお店で,素敵なものを見つけたり


やなか4


昔ながらのせんべい屋さんでは,手焼きせんべい.


せんべい


せんべい2


不忍の池は,この蓮の蓮根はどうするんだろう?と思いつつ通過.


はす



旧岩崎邸は素敵です.


岩崎亭



最後は浅草.

曲げわっぱの柴田慶信商店を訪ねました.


わっぱ2


美しい品ぞろえ.


わっぱ3


今日のお土産は,お弁当箱.


わっぱ1


1日かけて歩いた距離は14000歩.

立ち止まっていることが多かったんですね.

ひとはし料理教室

2015年11月17日(Tue)
ひとはし料理教室で中級のお料理を学びました.

お料理には,いつも新しい気づきがあります.

ていねいに,おいしい食卓が整いました.


ひとはし



午後の講座では,切り方の基本を教えて頂きました.

じっくりと,たくさん切って,最後にその食材で,たーくさんのお料理が並びました.

ひとはし2




落花生のボッチ積み

2015年11月14日(Sat)

私が,最も千葉の風物詩と思う風景は,これ.

落花生のぼっち積み.

本場八街の,藁をかぶる,ぼっちです.


ボッチ


今日の料理教室のメンバーさんのお一人が,落花生の本場 八街市からみえています.

そこで,「帰ったらぼっちの写真を撮って送ってね」とお願いしました.

雨にけぶる ぼっち.

藁をかぶるボッチのたたずまいは貴重です.



今はブルーシートを使い,こんな情景が多いのです.


ボッチ2


これから12月初旬まで,落花生は寒風に吹かれ,乾燥し,味を増します.

落花生通のお目当ては「千葉半立」

産地ならではの味わいが待たれます.