紅花染め

2016年01月29日(Fri)
勝田台つながりんぐのお仲間から誘っていただき,草木染教室に参加してきました.

今月は紅花染めです.

何日も前から,花びらの中から黄色い色素を抜く作業(黄水抜き)を繰り返し,赤色の色素だけを残した花びら.


染1


よく絞ってからアルカリの水(炭酸カリウム)に放ち,水の中でもみだして赤い色素を抽出します.

取り出した染液をクエン酸で中和し,いよいよ染めの段階へ.

ここまででもなかなかの作業です.



そして染め.


染2



何度も何度も.

だんだんと色が濃くなります.


室内でやっても冷たい,根気のいる作業ですが,本来は冬に戸外でしてきた仕事.

寒さの中で,色がさえるのだそうです.


夏に摘み乾燥させて,染めるのは厳冬期.

申年の赤い下着が体によいとされるのは,紅花の薬効があってならではとのこと.

体を温めてくれるので,女性に向き,男性には不向き.

そんな話を聞きながら,紅花染にも陰陽が関係することを感じました.



染3



染上がりの色は鮮やかなピンク.

黄色は黄水で染めたものです.

紅にするにはもっと濃い染液やもっと繰り返しが必要なようです.


この長さ,実はピンクのさらし地は,還暦を迎えた夫に,赤いちゃんちゃんこならぬ赤い○○○○をプレゼントしちゃおうと目論んだのでした.

週末にお祝いの家族旅行があるので,その時のセレモニーとしてですよ.

でもあえなく却下.



染4


女性用としての活用が理にかなっていますね~.

絹のものは帯揚げに,木綿のものは布ナプキンに.


濃いピンクは,夏に藍の生葉で再度染めると,ぐっと落ち着いた紫がかった色になるそうです.

帯揚げやスカーフは再度染めてみましょう.



草木染は,長女が小学生の時,夏休みの自由研究で,一緒にいろいろな染めに挑戦したことがありました.

それは自己流でしたから,今回のような経験は初めてです.


時間のかかる手仕事の面白さ,染めあがったものの自然な風合い・色合い.

草木染の魅力に引き寄せられました.

今度は若草色のテーブルセンターを染めてみたくなりました.







続きを読む »

冬の研修の旅

2016年01月28日(Thu)

冬の研修の旅.
関西での3日間は,寒波の到来と重なり,寒さの中でした.



初日は手づくり味噌教室.
正食協会大阪本校で鶴見先生に教えていただきました.

参加者33名.教室内は,大量の大豆の湯気と共に,熱気のこもる味噌づくりでした.


大阪味噌2


昨年のお味噌もいただきながら,同じ材料でつくっても同じではなく,それぞれの育ち方があることを確かめました.

毎年繰り返し,続けていきたいことだと思います.

地域でお伝えすることも続けていきたいと思いました.


大阪味噌


お味噌を仕込んだ後は,味噌味の豚バラ風牛蒡辛鍋と焼き味噌むすびに,ほっこり.

体も心もあたたまりました.




2日目は,雪情報のため,予定していた伊勢詣を中止して奈良を訪ねました.

澄み切った冬空のもとに,圧倒的な存在感を放つ大仏殿.


なら1


夏でも冬でも,青空に映えるきっぱりとした甍の美しさは,奈良の建物の魅力です.


昼ご飯は,ゆっくりと.

なら2
なら4
なら5
なら6


桃一輪が添えられた春を先取りする献立をいただきました.




3日目は西宮の サークルふじ の活動に参加させて頂きました.

藤井先生を中心に,公民館で行われている自主運営のお料理教室です.


さーくるふじ1


スタッフさんたちの手際のよい準備.

小さな赤ちゃんも交えた和気あいあいの雰囲気.


サークルふじ2


如月の懐石 が見事に完成しました.




足を運び,見て体験して実感し,聞いて話して気づき.
その繰り返しの中で,少しずつ深める学び.
それが自分の学び方なのだろうと思います.

学びたいことがある,行きたい場所がある,会いたい人がいる,
そして,したいと思うことをさせてもらえる環境がある・・・
感謝の気持ちを持ちながらの3日間でした.





味噌づくり

2016年01月19日(Tue)


今年初めての味噌づくり教室をしました.

先日,テレビ取材を受けた地域のお仲間たちと一緒です.

大豆はおちこち農園で収穫したものを.

塩や麹は,ムスビガーデンから調達.


味噌1


昨年仕込んだ3種類のお味噌を味見してから,今年のお味噌づくりです.

麹は,米麹,玄米麹,麦麹からそれぞれお好みのものを選んでもらいました.

塩切麹をつくり,ゆであがった大豆をつぶし,よく混ぜ合わせます.


味噌2


硬さ加減はゆで汁で調整をして.

持参した容器に隙間なく詰めれば出来上がり.

後は時間がおいしく熟成させてくれます.

思ったより簡単! 手がすべすべ!早く食べたい!楽しみ!

参加できなかったメンバーさんの分も仕込み完了です.



そのあとは,食事会.

東京にも雪が降った寒い日だったので,暖かいお鍋にしました.


味噌3


きりたんぽならぬ玄米のお団子鍋.

これは,焼きやすいし,食べやすくて好評です.


味噌4



もちろん話に花が咲くのは取材のこと.

志ん陽さん目が優しかったね,あの目で緊張ほぐれた,ディレクターさんすごいね,物知り,切れ者だね・・・などなど.

インタビュアーの落語家さん古今亭志ん陽さんの色紙も届きました.


色紙




この取材は,地域のお仲間と4年前から始めた「勝田台つながりんぐ」という活動が,地域のテレビ局の目にとまり,取材の運びになったものです.

それぞれが自宅でしていることをつないで発信し,そのつながりから街を元気にしていこうという取り組み.

お茶,マッサージ,陶芸,ガーデニング,草木染,ヨガ・・・

わが家は,おちこち農園とマクロビオティックの料理教室で,発信しています.

毎年4月には「めぐるぐるの日」という,各家をまわってもらう企画があります.


今回の取材も,志ん陽さんが各家を訪ねてまわるという内容.

この機会にと,急いで看板も作りました.


看板




取材の日の写真はなし.余裕なかったです.

具だくさんのトン汁のようなものでも作りたいというリクエストでしたが,トン汁は却下し,基本の味噌汁にしました.

それだけでは寂しいので,おせち料理に作ったようなものも添えて.


撮影後,スタッフさんたちみなさんで夕食に.

ディレクターさんが,これは本物だーと連発していたことと,みなさん黙々と召し上がっていたことがうれしかったです.


お味噌づくりから話がそれました.

でも,今日は何しろ,取材お疲れ様会の味噌づくり&食事会ですからね.


わが家の味噌づくりはこれからですよー.





初級第4回

2016年01月17日(Sun)
初級第4回の料理教室を,1月16日にいたしました.

第4回の献立は,小豆ご飯 そばがき清まし汁 水なし炊き きゅうりと油揚げの二杯酢和え 寒天の抹茶蜜がけです.

が,後半の2品は涼しそうな献立ですので,第7回のひじき白和えと入れ替えました.



初級4回


今回から,ニューフェイス参加.20代前半のこの教室では最年少の女性です.

うれしいですね.

お土産にいただいたイチゴを添えて,盛り付けも華やかになりました.

初春初回ですので,品数を少し増やして.

共々に 「今年もよろしくお願いいたします.」

白菜漬け

2016年01月16日(Sat)


白菜のおいしい季節.

山の家のご近所から,巻きのよい,おいしそうな白菜をいただきました.

早速切って,陽に干して,白菜漬けにします.



白菜


残っていた大根は,切干に.

ゆず釜に使ったゆずは,刻んでママレード風に.

もちろん漬物にも使いましょう.

一物全体,残すところなく,余すところなく.







初春の大阪京都

2016年01月13日(Wed)


今年最初の大阪へのお出かけ.

日中は研修です.


そして夜の天満橋.


大阪2



この日の夕食はお蕎麦.天満橋にあるおいしいお蕎麦屋さんです.

大阪1



翌日は京都へ.

今日も勉強会.


遅めのお昼ご飯を,高台寺近くの湯葉料理のお店に案内していただきました.

大阪3



初春の京都,八坂神社でお参りをしました.

案内をしていただきながら京の街を歩くと,知らなかったことたくさん.

楽しい小さな旅でした.



こんにゃく作り

2016年01月06日(Wed)


生芋コンニャクを使ったこんにゃく作り.


こん2



今まで何回か作りましたが,凝固剤として炭酸カルシウムを使っていました.

灰汁を使って作るのは難しいと聞いていたからです.


でも今回は,灰汁にチャレンジ.

なにしろ冬の暖房は薪ストーブなので,草木灰はたくさんあるのです.


ストーブ




草木灰を水に溶いて上澄みをとり,すりおろしたコンニャクに混ぜて固めてゆでるという方法.

ゆでているうちに全部がひとまとまりになって,どろりとしてしまいました.

見事に失敗.

悪戦苦闘で写真もありません.



こんにゃく1


再度,草木灰から灰汁をとり,どろりとしたコンニャクを火にかけて練り上げてから,混ぜてみました.

バットに広げた状態がこれです.



そして今回は,お鍋の中で固まりました!やった!


こん3



ゆでてから水にさらすと,光沢感のあるこんにゃくになりました.


こん5



もう一つの鍋も成功.


こん4


こちらはこんにゃくシップに使おうと思って,何枚か平たく大きくしてみました.


こん6


お鍋の中でこんな形になってしまいましたが,半分にスライスしたら使えますね.

小さく丸めれば,玉こんにゃくです.



今晩はこんにゃく作りの傍ら,目が疲れたと言っている次男に番茶シップを用意しました.

一緒に次女も私もして,3人で「気持ちいいねー」と話しました.

そういえば,新年早々発熱をした長女の夫さんは,豆腐シップで解熱したそうです.


今年はお手当のことももっと学んで,日常的に親しみたいなーと思います.

早速,こんにゃくを活用しましょう.




味噌づくりの季節

2016年01月05日(Tue)
秋に実った大豆.


大豆1



収穫して乾燥し,脱穀しました.


大豆2


シートの上で,棒でたたいて,鞘をはぜさせる手作業でした.


脱穀した大豆は,箕を使うと,大まかなごみはのぞけます.


大豆3



そして,選別は年明けの初仕事になりました.


だいず4


角盆の上に広げ角度をつけて揺すると,良い実はころころ転がります.

虫食いの実は残ります.

そんな風にして選別すると,ずいぶん少なくなりますねー.



こちらは青大豆です.


だいず5



こちらは黄大豆.


大豆7



もう1種類,小糸在来という南房総の在来種を,種をいただき今年初めて作ってみました.

蒔き時を逸したため,特に虫食いが多かったです.


大豆6


種用の豆を選んで分けると,残りはわずか.

蒔き時が大事ということを実感します.

無農薬の畑ですから,もともと虫は多いのですけれど.



ちなみに小豆は,わが家の畑では少ししか取れなくて,年末に実家からわけてもらいました.

種豆を取り分け,封筒に入れておきます.


小豆


小豆の粒は本当に小さくて,つまむのも大変です.

母は,鞘を1本ずつむいて,実を取り出したそうです.

一粒を大切にする姿が,目に浮かびます.

ひとしお感謝の気持ちでいただきます.




種豆


大豆3種も,種用の豆を封筒に入れました.


虫食いの豆は畑に返します.

畑に行ったら,キジの親子とハトがいましたから,

きっと大喜びで食べますね.



さあ,寒の季節のうちに手前味噌づくりです.



身土不二のおせち料理

2016年01月03日(Sun)
年末に東京校で教えていただいたおせち料理を,畑や山の収穫物で作りました.

身土不二のおせちです.


おせち1


家族7人の食卓を整えました.



おせち2015


田作り,かずの子の山海漬け,かわりなますの春巻き,鮭の南蛮漬け,
松前漬け,紅白なます,黒豆,りんごとサツマイモのきんとん,
ゆず釜の煮なます,昆布巻き,たたきごぼう,寿金平,祝い煮
この後で白みそ仕立てのお雑煮と聖護かぶ・白菜の漬物,干し柿のゆず巻き・くるみ巻き



身近な食材で,自然の恵みに感謝し,今年1年の平安を願う食事になりました.



畑からの直送野菜は

人参
人参
大根
大根
ごぼう
ゴボウ小
みどりの!白菜
白菜
ほうれんそう
ほうれんそう2
ブロッコリー
ブロッコリー
ねぎ
ねぎ
里芋
里芋
こんにゃく芋
コンニャク芋
聖護かぶ
聖護院かぶ


山からの直送は
最終のゆず
ゆず
湧き水のわさび
わさび
山くるみ
クルミの実



到来物の

りっぱな昆布や
昆布

大きなおもちも.
もち




自然の恵み,そしてさまざまなつながりに,心から感謝です.

今年もよい1年でありますように.