秋からの教室

2016年09月24日(Sat)


大阪に4日間滞在.

本校の秋の集中料理教室のアシスタントをさせて頂いてきました.


DSC_0108.jpg



集中料理教室は,各コースを5日間で学びます.

北海道や九州など遠方の方がみえ,中国からの方たちもみえていました.

集中の教室は,泊りがけでという熱心な学びの姿勢と共に,同じご飯を連続していただく中で生まれる親愛感に満ちています.

参加させて頂いたのは中級コース.

お別れをさみしく思いながら,私は一足先に失礼してきました.

写真は一枚もないけれど,頭の中にはたくさんの場面が詰まっています.

充実した学びの時間でした.




DSC_0077.jpg



深夜に帰宅すると,玄関には翌早朝に海外へ出かけるという二男のスーツケース.

留守番のバトンタッチです.




DSC_0080.jpg


翌朝の朝ごはんには,夫さん手作りのパンがありました.

昨晩の残りというおでんも.

卵がごろごろ,でも蓮根や野菜もたっぷり入っていたみたいです.



DSC_0081.jpg



「今日からはまた早く学校に行ける」と高校生の二女.

時間をかけて,お弁当作りを頑張っていたみたいです.



家族の協力があって,安心して留守ができることに感謝です.






秋から自宅教室でも新しいクラスがスタートします.

昨年から1年を経て,今年は初級と中級を開講します.


DSC_0082.jpg


自宅ですので,1クラスの人数は6人までとしていますが,うれしい問い合わせが続きました.

出会いに感謝する気持ちと,思い立ったときに学んでいただきたいという気持ちで,定員増を検討しました.




ちょうど,大阪から帰った翌々日に,工務店さんとの打ち合わせを予定していました.



DSC_0088.jpg


現在の台所はL字型です.

1人で動くには,動線も短く機能的です.

でも何人もの人が入ると動きが交錯しがちです.




DSC_0089.jpg


カウンターは,調理台と高さを変えているので,すっきりしていますが反対側からの作業はしにくいです.



家族6人で使うことを考えて作った台所でした.

料理教室なんて夢にも思わないことでした.

気に入っている台所ですが,ここは現在の需要に合わせてフラットなI型に変えることにしました.

面積も,奥の方へ少し広げます.

工事は少し先.

次女の卒業を待って3月半ばからとお願いしました.

それまでは,なんとか現状でやりくりです.




DSC_0093.jpg


テーブルは6人掛けです.

テーブルの広さ対策は?


DSC_0096.jpg


同じ高さのワゴンを奥の棚との間に入れてつなげたら,テーブルはあっという間に長くなりました.

ワゴンではなくて板を渡したら,もっと長くできそうです.



DSC_0105.jpg


こちらの座卓も,座学や食事には使えますね.


そんな風に考えたら,初級日曜日クラスを希望してくださっている方8人の受講オッケーと思いました.

カセットコンロを使い,2グループに分かれて作れば,味比べもできますし,参加される皆さん同士の交流も一層楽しいことでしょう.


限られたスペースで少し窮屈かもしれませんが,そんな楽しみを想像しながら,秋からの教室をスタートしたいと思います.




ご参加の皆様,ご検討くださった皆様,ありがとうございます.

どうぞよろしくお願いいたします.











9月のおちこち農園

2016年09月07日(Wed)


9月のおちこち農園は,一足早く,ハロウィンかぼちゃがお出迎え.


DSC_1097.jpg



もとはこのかぼちゃ.

草の中に埋もれていて裏側から傷んでしまったのです.

DSC_1093.jpg





まずは草取り.

落花生がすっかり大きくなっています.

DSC_1098.jpg





モロヘイヤの収穫.

自分の袋に採り放題.

DSC_1112.jpg





大根の種まき.

長靴で足跡をつけて,距離をとり.


DSC_1116.jpg



かかとの位置に草木灰や有機肥料,

つま先のほうに種・・という方法・


DSC_1121.jpg




この大根がたくわんにもなりますよ.

DSC_1133.jpg




「もうおなかがすいた・・・」

DSC_1135.jpg






その声におやつ.

畑のカボチャやトマトやオクラ.

サツマイモのツルのきんぴらも人気でした.

DSC_1139.jpg






台風で倒れていたへちまの棚を直しておきましょう.

DSC_1147.jpg



へちま再生.

DSC_1158.jpg





ゴマの花も咲いています.

DSC_1137.jpg




ずっとそのままにしてみた牛蒡の花からは,種が舞っていました.

DSC_1164.jpg



こちらも小さな芽が出てくるでしょうか?




次回10月はいよいよ収穫の時期.

落花生とサツマイモの収穫です.








手仕事いろいろ

2016年09月07日(Wed)



手仕事あれこれ.

つれづれなるままに.




暑さの中でしたが,布にかかわる手仕事.

DSC_0784.jpg


子どもたちが小さかった頃の洋服.

思い出もあり,生地もしっかりしているもの.

それらを裂織りにしてみました.



アイロン芯を張ってクッションに.

「あっ,あの時の服!」子どもたちからの声.

DSC_0887.jpg






古い布団を打ち直してもらい,新しい布団に.

他界した義母や叔母に作ってもらった布団でした.

ふかふかの敷布団が6枚.

持ち帰るとき車に3枚しか入らなくて,残り3枚はまだふとん屋さんです.

DSC_1181.jpg






近くの個人ギャラリーで,ジャワ更紗の展示会.

更紗は,すべての模様を蝋で手描きして,白い部分を残すことで模様を浮かびあがらせるのだそうです.

気の遠くなるような手仕事.


端切れ布を求めてきて,縫い合わせてみました.

頭を包める大きさのものが2枚できました.

なんとも,パワーを感じる布です.

DSC_1180.jpg






ご近所の方が,声をかけてくださいました.

「頂き物の食器がいっぱい,あなたのところで使ってくれない?」

ご自宅を訪ねると,ほんとうにたくさんの食器がありました.

亡くなられたご主人様の交友が広かったのだそうです.

一部のものを頂いてきました.

DSC_0704.jpg


DSC_0706.jpg


食事を用意し,お友達の方と一緒に来ていただきました.

「使われることがうれしい」とおっしゃっていただきました.

これからも,ありがたく使わせていただきたいと思います.






家族の共同作業,その1

クルミの殻むき.

山でとれる鬼ぐるみは固いです.

1人でやったら大変,共同作業ならはかどります.

DSC_1175.jpg





家族の共同作業,その2

文化祭が間近な娘の持ち帰り仕事.

「お願い!ハサミ仕事はおかあさん,イラストはお父さん・・」

夫さんの思わぬ特技に盛り上がりながら..

DSC_1173.jpg





8月半ばのお話し,その1

庭のハト.

巣作りの時は熱心だったオスが,その後はすっかり来なくなり.

暑い中,じっと卵を抱くメス.

夫さんに話すと,「そんなもんでしょ」・・・?!

2羽のハトがかえり,無事に成長.

飛び立つ日の朝,ベランダに止まって,お別れの挨拶をしてくれたかのよう.


DSC_1007.jpg


DSC_1011.jpg





8月半ばのお話し,その2

今年は梅の干し時が遅れてしまって.

8月半ばに完成しました.

梅酢もたっぷりできました.


DSC_0895.jpg


DSC_1003.jpg





季節の手仕事.

手をかけることの中にある,たのしさ,よろこび,つながり・・・




夏の山

2016年09月01日(Thu)



緑生い茂る夏の山.

DSC_0819.jpg





庭の造成が続いています.

DSC_0822.jpg





庭の側面は石垣.

DSC_0815.jpg





次男の労作です.

DSC_0827.jpg





石垣積みも,続きます.

DSC_0834.jpg





夏の日差しの中で,樹木も一回り大きく生長.

桜の木には,新しい芽吹きも.

DSC_0836.jpg





梅の木,この木から今年の梅の実が取れました.

DSC_0838.jpg





梨の木,花はきれいだけれど実はなし.

DSC_0839.jpg




柿の木.桃栗3年柿8年には,まだ遠い.

DSC_0840.jpg





朴の木,たっぷりと朴葉みそを作れます.

DSC_0842.jpg





仕事の後の甘露.

竹の節にたまったお水です.

DSC_0849.jpg





今回のお土産は,みょうが.

DSC_0988.jpg






草の勢いに圧倒されて,夫さんは新しい草刈り機を購入しました.

キャタピラー付きの草刈り機です.

「必需品だった!」と言っていますが,使っているところは,まだ見ていません.

こんな地形のところで,うまく使えるといいのですが.







続きを読む »