2016年10月28日(Fri)


京都への小旅行.

朝5時に家を出ると,9時ころには京都につきます.

正食協会の皆さんとご一緒に,大徳寺聚光院を訪ねます.


DSC_0115.jpg



お目当ては,狩野松栄・永徳親子による46面の障壁画.

その圧巻を堪能しました.


DSC_0116.jpg



方丈庭園にたたずみ,簡素な茶室の趣に感じ入り.

手荷物の一切を預け,説明に聞き入りながらの鑑賞は,ひとしお印象深いものとなりました.




お昼ご飯は 一久 へ.

大徳寺門前の精進料理のお店です.


DSC_0102.jpg



DSC_0087.jpg



DSC_0090.jpg

ご飯とお吸い物の中には,たっぷりのマツタケ.

この季節初めての味わいでした.


DSC_0092.jpg


和菓子のそばに添えられた,小さな黒い一粒.

これが,大徳寺納豆です.


DSC_0114.jpg



門前には,何軒も大徳寺納豆のお店が連なっています.

2軒のお店のものを求めました.

頂いてみると,れぞれ味が違いましたよ.



この旅は,関西にお住いの皆様が企画してくださった旅でした.

京都のことをつぶさに知る方とご一緒させていただくと,旅の中身が数倍輝いてきます.

そして気持ちの通じる方々とご一緒の時間.

こころ満ち足りた旅でした.





お別れしてからの時間にもう一つ.

若沖展を訪ねてきました.


DSC_0118.jpg


夏に錦市場を訪ねた時に,通りには若沖のつるし看板がたくさん.

立ち寄ったホテルのロビーにも若沖の絵.

生誕300年で,京都は今年,若沖に沸いているようでした.

錦市場に生まれ,85歳まで描き続け,たくさんの絵を残した若沖.

躍動するような伸びやかな筆使いを真近に感じ,若沖の魅力に納得です.



DSC_0109.jpg


夕暮れの京都市美術館を後にしました.





旅への思い・・・

小さな旅,長い旅.

若いころから,よく一人旅をしてきました.

この赤いザックは,もう30年も前にヨーロッパに行った時に使ったもの.

34日間の一人旅でした.

それを見つけ出して,今次男が使っています.


「佐渡に行ってくる」とのことで,荷物がまとめられていました.

修士論文を書く時なのに,そんな時だかこそら出かけたくなるのですね.


DSC_0122.jpg


出がけになって,やっぱりシュラフも入れたいと夫さんのザックに詰め替え.

DSC_0124.jpg


そして出かけていきました.

DSC_0129.jpg


自分から動いて体験してこそ,感じること,わかること,つかめること.

たくさん旅をしたらいいと思います.

一人旅は自分に向き合う時間になります.



今私は,知る人とご一緒の旅,知る人を訪ねる旅が好き.

人とつながる旅の豊かさを思います.





木材市場

2016年10月19日(Wed)



木材大好きなわが家.

夫さんがかねてから行ってみたいと言っていた木材市場に出かけました.

DSC_0113.jpg




ここは山武杉をはじめ,千葉の木材が一堂に集まります.

私は以前に何回か足を運んだことがありましたが,やっぱりワクワクします.


DSC_0353.jpg




初めての夫さんはもっとワクワク,ずんずんと中へ進みます.

広い構内をフォークリフトが行きかいます.



DSC_0358.jpg




そんな中で目にとめたのは,シートに包まれたブビンガの一枚板.

台所の天板を,石にするかステンレスにするかで考えていたところに,木にするアイデアがひらめいたようです.

ブビンガは,水にも火にも強い木なのです.

120cm×390cmという大きな板です.



DSC_0126.jpg




帰り道は八街のお団子やさんに立ち寄り一休み.

おじいさんが一人で作っているお団子をいただきました.


DSC_0130.jpg



酒々井の酒蔵さんにも立ち寄り,もう一休み.

DSC_0135.jpg






あの木のことが気になって,後日もう一度,木材市場を訪ねたのでした.

そして購入することに.

木とも,出会いなのだと思います.



大工さんにも木の天板にすることを了解してもらいました.

とても大変そうですが,どんなふうになるか楽しみですね.





山のお土産

2016年10月19日(Wed)



週末に山に行っていた,夫さんと次男からの山のお土産.

秋の山の香りが広がります.


DSC_0409.jpg



ほおずきはたくさん自生していたからと,根っこごと.


DSC_0410.jpg



植えて置いた柿の木に初めて実がついたそうです.

甘い柿でした.


DSC_0413.jpg



山椒の実も色づき.


DSC_0414.jpg



ゆずも色づき始め.


DSC_0415.jpg



山で焼いた焼き芋とパン.

焼きたてを山で食べたら最高だったでしょう.


DSC_0416.jpg




そして何より今回の大仕事,は竹の切り出し.

180cmサイズを200本.

竹を切り,裁断し,割り,草木灰を塗って油抜きをした状態にして持ち帰りました.

次男がよく動いた と夫さん.

二人とも,お疲れ様でした.


DSC_0417.jpg



この竹は庭の信玄垣を作るためのもの.

春先に途中まで作り,竹の切時を逸して,ストップしていたのです.

10月になってゴーサイン.

この続きを作ります.


DSC_0418.jpg




ゆずのお土産は,畑の唐辛子と合わせて柚子胡椒に.


DSC_0415.jpg



ゆずのすりおろしよりも大変だったのはとうがらしの種とり.

DSC_0269.jpg



赤ゆず胡椒と青ゆず胡椒ができました.


DSC_0272.jpg



DSC_0275.jpg



DSC_0277.jpg



山のお土産のおまけの秋の香りです.






タネ・たね・種・・・・

2016年10月19日(Wed)



これはごぼうの種.

ごぼうの種は,排出効果が大変高いのだそうです.

苦いけどそのまま食べてもオッケーという話をうかがいました.

そこで,畑で大きく育ったままにしていた牛蒡を切り倒してみると,種が吹雪のように舞いました.

イガイガの実の中に種がたくさん入っているのです.


DSC_0044.jpg


選別し,きれいにしました.


DSC_0046.jpg




これは ささげ のさや.

小豆との違いは,栽培してみるとよくわかります.

小豆は地面に近いところで実りますが,ささげ はつるが長く伸び大きく育ちます.


DSC_0144.jpg



この量のさやからは,実を取り出すと,よいものはこれくらい.

これも種になります.


DSC_0145.jpg





ひまわりの種.

在来種のひまわりです.

来年も花を咲かせるでしょう.


DSC_0264.jpg




ごまの実・ごまの種.

きれいにするには,道のり長く,いつもいただくゴマを,ひとしおありがたく思います.


DSC_0365.jpg




落花生もおいしくいただきますが,一部は来年の種になります.


DSC_0244.jpg




しその実も,実ったらすべて種ですね.


DSC_0053.jpg





山のクルミの実.

昨年のものが残っていたので,一気に中身を取り出しました.

早めにいただきましょう.


DSC_0362.jpg




これは銀杏.

自宅の料理教室に来てくださっている方のご主人様が,採ってきてくださったのです.

しっかりと袋の口を結んで届きました.

畑に持っていき,板の上に広げたところ.


DSC_0398.jpg



芳香(?)の皮を落として洗うと,きれいな実.


DSC_0399.jpg





畑のへちまの棚の下には,こぼれた種から早くもへちまの芽が出ています.


DSC_0393.jpg





ごぼうの種が舞ったところには,ごぼうの芽が出ています.


DSC_0394.jpg





タネ,種たね,種・・・

さまざまな種が,次への いのち をつないでくれるのですね.



10月のおちこち農園

2016年10月19日(Wed)



10月のおちこち農園は落花生の収穫.

月初めの日曜日,雨上がりの畑にはまだまだ蚊がいっぱいでした.

まずはサツマイモとへちまの収穫です.



DSC_0158.jpg




DSC_0163.jpg




DSC_0165.jpg





そして,落花生の収穫に取りかかります.

実を落とさないように掘りあげ,早速もぎ取ります.



DSC_0181.jpg




初めての体験,落花生ってこんな風になっていたんだね・


DSC_0183.jpg



おちこち農園では掘ってすぐにもぎ取って,ゆで落花生でいただきますが,

千葉の産地では,このまま畑でぼっち積みにして乾燥させます.

そして12月頃になってから脱穀し,炒り落花生にします.

寒風の中で乾燥させることで,おいしさが増すのだそうです.



DSC_0374.jpg


色が黒い方は根が切れて土の中に残っていたもの.

乾燥させて,来年の種にしようと思います.




畑の隅では穴を掘る子,

穴の中で遊ぶ子,

穴掘りは変わらず人気です.


DSC_0212.jpg




収穫を終えた後はおやつ.

昨夕掘っておいた落花生を,ゆで落花生でいただきます.

ゆで落花生は,この時期の産地ならではのお楽しみ.

おにぎりも落花生ご飯.

里芋やしその実の醤油漬けも畑のもの.

畑のかぼちゃのスープは,お鍋ごと忘れてきてしまいました!


DSC_0226.jpg





前回種まきをしておいた大根も育ってきています.


DSC_0379.jpg



キャベツ

DSC_0381.jpg


白菜

DSC_0385.jpg


ねぎ

DSC_0383.jpg


ブロッコリー

DSC_0386.jpg


小豆

DSC_0375.jpg


大豆

DSC_0377.jpg



小豆と大豆は来月の収穫です.

里芋とともに.

そして来月は,堀りたての里芋で芋煮会!




10月の料理教室

2016年10月17日(Mon)

大阪本校での研究会.

月に1回伺います.

第1月曜日,今月は3日.

新しい献立を学び,実習し,出来上がったお料理で昼食をいただきます.

その合間にかわす皆様とのお話も,楽しみの一つ.

たくさんの刺激をいただく一日です.


DSC_0249.jpg




8月9月とお休みをいただいていた自宅の料理教室も再開しました.

10月6日,初級6回の洋風メニューでスタートです.


DSC_0284.jpg




翌7日は東京校で,玄米生活基礎の基礎の教室がありました.

玄米ご飯と味噌汁に,季節の野菜を添えて.


DSC_0289.jpg




自宅での中級の教室も始まりました.

ぐっとメニューが広がる中級


DSC_0298.jpg


初級で顔なじみになった皆さん.

手際もよく,食事時にも楽しいおしゃべりが交わされます.


DSC_0294.jpg





新しい初級コースも始まりました.

初めての顔合わせです.

玄米ご飯と基本の味噌汁をベースに,正食の基本をお伝えします.

食事をいただくくころには,ほーと気持ちもほぐれます.



DSC_0314.jpg





そして10日は,東京校で和菓子の教室.

宮本先生が,おいしい和菓子を作りやすい方法で教えてくださいました.

親子さんでのご参加が多く,にぎやかな楽しい教室になりました.


DSC_0322.jpg




その翌日,

千葉に若杉ばあちゃんがみえて,料理教室がありました.

マコモタケづくしのお料理でした.

初めてマコモタケをいただきました.


DSC_0338.jpg





12日,初級クラス.

自宅での初級クラスは2クラスになりました.

来てくださる方々がいらっしゃること,ありがたく思います.


DSC_0372.jpg





16日は東京校で,お好み焼きと野菜カツ串揚げ.

関東で関西の味をお伝えしました.

もちろん正食風に.



DSC_0403.jpg




10月の前半は料理教室が続き,様々な出会いがありました.

やってみよう思って,行動に移して,1歩を踏み出すことのエネルギーの大きさ.

そのエネルギーをもってきたくださる皆様です.

皆様への敬意をもって,精一杯お伝えしたいと思っています.

そして学びは相互のもの.

学びの機会をいただいていることに感謝です.