沢庵の漬け込み

2017年01月07日(Sat)


今日は沢庵の漬け込み.

収穫が遅れて,漬け込みもづれこんで,年明けになってしまいました.




畑で収穫したみずみずしい大根.

時期が遅れて,大きさはジャンボに!


DSC_0786.jpg



畑でしばらく干したものを,軽トラに積んで,家に持ち帰ります.


DSC_0854.jpg


洗わずにそのまま漬けるという方法は,一昨年校長先生に教えていただきました.

土の中で育った陽性さをそのままに.



さらに干して,ここまでになりました.

太さ別に分けて,いよいよ漬け込みます.


DSC_0982.jpg



糠と塩.

素材はシンプル.

他には,干しておいた柿の皮やゆず,鷹の爪.


DSC_0983.jpg



糠をおき,大根をおき.


DSC_0986.jpg


また糠をおき,ギューギューと押し.

柿の皮やゆずや鷹の爪ものせ.


DSC_0988.jpg



その繰り返し.



最後は干した大根の葉をのせて.


DSC_0990.jpg



大きな石をのせて.

漬け込み完了.


DSC_0991.jpg




でも,まだ太いものが残っています.

もう少し干して,夏を越してからも食べられるように,塩味きつめに漬けます.


乾燥した葉はお手当に使えますね.


DSC_0989.jpg





昨秋,お隣に分けて,おばあちゃんに食べて頂きました.

「昔の沢庵の味がすると言ってぽりぽり食べていた」とおばさんが話してくれました.


おばさんは80代.

おばあちゃんは107歳!



昔の味がする素朴な沢庵を漬けること.

それが今自分にできること.



教室に来てくださる皆さんにも,食べて頂けたらと思っています.







縁をつなぐ蕎麦

2017年01月06日(Fri)


年越し蕎麦から,新年の蕎麦へ.

たびたび作りました.


DSC_0884.jpg


夫さんの腕前が格段に上がりました.

菊練りも,だんだんと形が整うように.

DSC_0866.jpg


1kgずつ,2セットを続けてこねることも.

DSC_0870.jpg


伸ばして,たたんで.

DSC_0883.jpg



切ります.

切るところは私の役割.沢山なので手分けして.


DSC_0885.jpg




蕎麦作りの道具

以前から持っていた,欅のこね鉢が役に立つ日が来ました.


DSC_0970.jpg



ふるい,目の細かいものと荒いもの.


DSC_0969.jpg



麺棒,のし用と巻き用で長さや重さが違います.


DSC_0972.jpg



包丁,手がすべらないように,鮫の皮が張ってあります.


DSC_0967.jpg



こま板や刷毛.

こま板は下の面が見えやすいようにアクリル製.先生の手作りです.


DSC_0968.jpg



お正月用に,蕎麦ちょこを新調しました.

近くにある砥部焼のお店で.

DSC_0892.jpg



今年は,おせち料理にも,お蕎麦が仲間入り.


DSC_0935.jpg



鴨蕎麦や

DSC_0951.jpg



茶蕎麦も.

DSC_0953.jpg



年末には私の実家へ.

新年には夫さんの実家へ届けました.


夫さんの実家には毎年親族が20人ほど集まります.

義母がなくなり今年は喪中でしたが,例年通りに勢ぞろい.


ひとしきりのごちそうの後で,お蕎麦を次々とゆでました.


お蕎麦には縁をつなぐという意味もあるのだそうです.


よい縁がつながっていきますように,,,




夫さんと次男と私の3人でそば教室に行き始めたのは,昨年の夏から.

よかったと思うのは共通の話題が増えたこと.

出来具合をあれこれ話しながら,いただきます.

いつも「まだまだ・・・」



まずは一通りの作り方を知っただけ.

何事もその道の奥は深く,お蕎麦作りにも同じことを思います.

マイブーム,家族ブームに終わることなく,

細く長く,つながっているお蕎麦のように続けていけたらと思います.