FC2ブログ

水回りの手入れ

2018年08月29日(Wed)


台所に少し手を加えました.

出窓のところ.

明るさとワーキングスペースのために昨年作った出窓部分です.


DSC_1914.jpg



そこに板を2枚入れて棚を作り,

よく使う鍋やざるを置くことにしました.


DSC_1955.jpg



全体としてはこんな感じ.

視覚的に奥行き感が出た気がします.


DSC_1924.jpg


作業中にも,ものが置けるので手元が片付きます.



鍋などを移動した分こちらのワゴンにはボールなどが置けます.


DSC_1922.jpg




物が少ない作業台の上は,ちびちゃんがお手伝い?をする場にもなっています.


DSC_1938.jpg




棚を作ってくれたのは夫.

希望が形になるのはうれしくありがたいことです.





他の水回りも見直しです.


洗面台はシンクを変えることに.


DSC_1909.jpg



トイレもタンクレスのものに替えることにしました.


DSC_1953.jpg



お風呂も水の流れが悪くて替え時かと思ったけれど,


DSC_1952.jpg


手前の側面をがバッとはずし,しっかりお掃除をしたら快適になりました

これはこのまま使います.




自分でできる手入れと業者さんに依頼をする手入れと.

築17年になったわが家と上手に付き合い,長く住まいたいと思います.



ライフオーガナイズの学びを,暮らしを整えることに生かしながら・・・


久々のキャンプ

2018年08月16日(Thu)

久々のキャンプ

上三人の子どもたちが小さい頃はよく行っていたな~

屋久島,島根・白馬・・・結構遠方へ.


ところが,年の離れた次女はキャンプを経験してないと話題に.

ということは,もう20年近くしていなかったのです.


では行こうと,キャンプ場を探して手配してくれたのは次男.

娘家族も10カ月の赤ちゃん連れで初キャンプ.

ところがこれは,当日赤ちゃんの体調不良で断念.

それで家族4人と長男夫婦の6人のキャンプになりました.



森の中

直火オッケーのキャンプ場.

いつもとは違うキャンプならではの食事特集です.



まず取り掛かったのは全粒粉のツイストパン

DSC_1690.jpg


ダッチオーブンにも仕込みます.

DSC_1704.jpg


バーベキューも始まって

DSC_1705.jpg


ツイストパンも温野菜も網の上

DSC_1707.jpg


焼けた!ワイルドに食べる.

DSC_1725.jpg


パンも焼けた

DSC_1748.jpg


早い時間からの食事タイム.

DSC_1741.jpg



作っては食べ,食べては作り・・・


ローストビーフにも挑戦

DSC_1735.jpg



丸ごとの鳥と野菜をダッチオーブンに.

DSC_1758.jpg


焼けた.

DSC_1803.jpg



ホイルで蒸し焼きした野菜もおいしい,

DSC_1768.jpg


タイの塩釜

DSC_1773.jpg


焼けた.

DSC_1791.jpg


塩から取り出してへべすをのせると美味.


DSC_1806.jpg


燻製づくり

DSC_1785.jpg


卵も半熟のまま燻製に.

DSC_1814.jpg


ハンモックで一休みの次女.

DSC_1776.jpg



直火を囲んで夜はふける


翌朝


残ったものはトマトスープに.

DSC_1816.jpg


ぜひ目玉焼きをつくってみたかったという二男.

DSC_1821.jpg


朝ごはんはシンプルに..


DSC_1829.jpg



木漏れ陽の中でゆっくりと.

DSC_1841.jpg


この後撤収

DSC_1842.jpg

立つ鳥跡を濁さず・・・


久々のキャンプは,子どもたちの成長と,時の経過をかみしめるものになりました.

この家族は何があっても生きていけそうなんていう会話も交わされていました.

自分から動く,自分から楽しむ,

そういう主体的な姿がみんなの中にあふれていることがうれしいことでした.

夏の恒例のキャンプになりそうです.

初めての文楽

2018年08月16日(Thu)

大阪での研究会の日の夜

日本橋の国立文楽劇場に行きました.

初めての文楽鑑賞です.


DSC_1672.jpg


東京ではなかなか入手できない文楽のチケットが大阪では比較的手に入りやすいと聞いていました.


その日のレイトショーの演目は「新版歌祭文」と「日本振袖始」


DSC_1685.jpg


人形の動きや太夫の語りに引き込まれ,江戸文化の華やぎを味わいました.




さらに欲張って,翌日のチケットも入手していたのでした.

翌日は千穐楽.


DSC_1684.jpg



午後の上演は2時から.

演目は「卅三間堂棟由来」「大塔宮あさひの鎧」


DSC_1676.jpg


巧みな構成に引き込まれ,文楽の魅力が分かったような気がしました.



展示室をのぞくと文楽の背景に触れることができます.


華やかな衣装


DSC_1679.jpg


中はこんな風に.


DSC_1681.jpg


太夫さんの座り方


DSC_1678.jpg


初めての一人文楽鑑賞は大満足でした.




一泊していたので午前の時間はぽっかり空いて,何をしようかな?

見たいと思った映画は満席で入れず,ぶらっとしていたら引き寄せられたのがこの場所.


なんばグランド花月


DSC_1660.jpg



夏休みバージョンでお子どもさんもたくさん.


DSC_1686.jpg


一緒に笑ってきました.



そのあとは近くの道具屋筋へ.


DSC_1666.jpg


流し缶を買い求めました.


DSC_1688.jpg



そして再度文楽へ.


大阪で過ごした私の夏休みでした.

8月の正食料理

2018年08月15日(Wed)


大阪本校の研究会へ.


テーマは「食育の祖 石塚左玄を学ぶ」



午前中は 石塚左玄の出身地福井県の郷土料理を学びました.



福井の先生お二人が地元の食材を携えておいでくださいました.


DSC_1640.jpg



福井産の蕎麦粉


DSC_1638.jpg


武田の油揚げ


DSC_1642.jpg



福井特産の麩や打ち豆や自然素材のおいしいたくわん・・・


それらの素材を使いながら,身土不二,一物全体が,深く反映されたお料理を丁寧にお伝えいただきました.




そのあとで実習.


そして食事.


DSC_1650.jpg


越前おろしそば

油揚げご飯

打ち豆汁

麩の辛し和え

たくわん煮



おもわず「おいしい」という言葉が口をついて出てしまう,福井の風土を感じるお料理..


DSC_1651.jpg


DSC_1654.jpg


DSC_1652.jpg



DSC_1653.jpg




ご馳走は走り回って食材を用意してつくるから・・・.


ご馳走の神髄を感じながら,味わっていただきました.





午後は岩佐勢市さんの講義.


DSC_1656.jpg



岩佐さんは石塚左玄のご本を書かれている方で,NPO法人フードヘルス石塚左玄塾を主宰されています.


力強く説得力のあるお話を伺いながら,


現代社会が抱える問題へのアプローチを食からという思いを改めて強くもちました.



「自分の健康を守ることは地域の環境をまもることにつながる」という視点も伝えて頂きました.


先人の教えを紐解いて教えていただき,

深く広い視野から,

今自分たちがしていることの意味を確認し合える場があることをありがたく感じた研究会でした.





8月,9月は自宅の教室はお休みです.

たくさん充電し,10月かのら新しいクラスのスタートに備えます.



新しいクラスでは初級の受講者を募集しています.

正食(マクロビオティック)への関心がある方,

自分のからだのこと・健康のこと・家族のこと・・・を考えてなにか一歩を踏み出したいと思っている方.

そんな方にはぜひおすすめです.


募集の詳細はHPでご確認くださいね.









夏には夏の楽しみが・・・

2018年08月15日(Wed)


今年は晴天続きで,梅干し日和はたっぷりありました.


DSC_1589.jpg



紫蘇も梅酢も大事


DSC_1594.jpg



もとはこの梅

DSC_1262.jpg


ワイルドな山の家の梅でした.




山の真竹の小さなたけのこも干しました.


DSC_1257.jpg




はじめの頃は大事に食べていたトマト.


DSC_1399.jpg


たくさん採れ出してからは,次々と干しトマトや,ソースに.



人参も長い期間収穫していただきました.


DSC_1400.jpg


お馬にもおすそ分け.




とうもろこしも採りたてをすぐにゆでたら格別に甘いです.


DSC_1398.jpg




らっきょの加工はちょっと前のこと.


きれいに洗って


DSC_1323.jpg



とりあえず塩漬けにしておきました.


DSC_1334.jpg




大忙しの時はつい写真を撮るのも忘れがち.


DSC_1851.jpg



ブルーベリーや桑の実や梅のジャムも作たっけ.





到来物のへべす.

宮崎県の柑橘です.


DSC_1615.jpg



これは娘たち夫婦から.

夏や冬に,南から順番に1県ずつの特産品が届きます.


薄く輪切りにして,冷たいおそばにのせて頂くとさわやか~!



暑い夏ですが,夏には夏の楽しみが・・・






8月のおちこち農園

2018年08月15日(Wed)


この夏の暑さ!


おちこち農園の土も干上がっています.


畑の作物も,その暑さと乾燥の中です.


DSC_1621.jpg


水分をほしがるサトイモは,葉っぱが干からびてしまいそう.




7月に種をまいた大豆.


DSC_1625.jpg


乾燥の中でも発芽し育っています.

水ほしいね.




落花生は比較的元気.


DSC_1623.jpg



こんな花が咲いています.


DSC_1624.jpg



ヘチマも元気よく生長中.


DSC_1627.jpg



トマトもたわわ.


DSC_1620.jpg




モロヘイヤは暑さ知らず.

DSC_1622.jpg


暑い国の原産だから.



生姜


DSC_1628.jpg



きくいも


DSC_1629.jpg



ねぎや


DSC_1631.jpg



ゴボウは


DSC_1630.jpg


干からびそう.



エキザカムは花盛り.


DSC_1619.jpg




この暑さなので,メンバーを縮小してのお仕事でした.


頑張ってくれた男性二人.


DSC_1634.jpg


お疲れ様!

たくさんの工具

2018年08月15日(Wed)


2018年に2018個手放すプロジェクトに,ひそかに参加しています.

娘の部屋,息子の部屋と進み,夫にもオーガナイズの波が・・・・



夫はたくさんの道具持ち.


DSC_1319.jpg



工具もたくさんあります.


DSC_1317.jpg




ハサミ関係でもこんなにたくさん.


DSC_1311.jpg




大分減らせるのではないかと思いましたが,手放したものは41個.


DSC_1333.jpg


私はもっとと思いましたが,夫にとっては相当な数です.


まずは,今回整理してみようと思ったことに拍手です.




良く使うものは,用途別に分けて引き出しに整理しました..


DSC_1332.jpg




緑のケースの中は木工や竹細工の大きな道具類です.


DSC_1330.jpg




道具がなければ何もできないと言う夫.


どれも使うシチュエーションがあるのでしょう.


どれも大事なもの.


持っているものを存分に活用して,やりたいことをやってほしいなと思います.