FC2ブログ

元号がかわる年に

2019年02月28日(Thu)



皇居での奉仕作業に参加させて頂きました.


元号が変わる年の得難い経験となりました.



最終日にいただいた賜物.



DSC_4027.jpg




お土産に求めた朱肉入れ.


DSC_4025.jpg



並べおいて4日間の経験を振り返っています.



特別な空気感の中で,人々の平安を祈る思いに深く触れさせていただいた4日間でした.




グループ名に冠した「正食」への思いも強くしました.


長い時間を共にした皆様からの学びもたくさんいただきました.



DSC_3867.jpg


ありがとうございました.




毎日のお弁当は亀戸升本さんに依頼した


DSC_3858.jpg


和正食のお弁当でした.

DSC_3859.jpg





退出後,参加者の皆様と交流を深めるひと時も楽しみでした.


DSC_3861.jpg



近いけれど,心にとどめたい遠い旅をしてきた4日間でした.






正食のお弁当

2019年02月17日(Sun)


今日はごお弁当作りの朝でした.

ご依頼くださったのは茶道の勉強会をされる皆さま.


教室と重なったので,忙しいかなと思いましたが,どちらも楽しく終了しました.




お弁当は朝8時には完成.


DSC_3801.jpg



夕方,とてもうれしい感想が届きました.



「向後さん,今日はありがとうございました!

皆さん,大喜びで感動しながら大地の恵みを食していました.

甘みがあるのに砂糖を使っていない煮物や,切干大根,車麩のフライなど,美味しさがじんわり伝わりました!

ゆべし,酢漬け大根,ひよこ豆のbalanceも絶妙で,全て食べ終わりたくありませんでした.」



DSC_3812.jpg



かえってお礼を申し上げたいメッセージ.

拝見しながら,幸せな気持ちになりました.




4月に予定している「勝田台つながりんぐ めぐるぐるの日」というイベントがあります.

地域のお仲間と5年前からしている自主企画のイベントです.(詳しいことは後ほど)

その日にお弁当を作ろうと思っていたので,そこに向けてのエネルギーを頂きました.

そうだ,「大地の恵みのお弁当」っていう名前にしようというアイデアも!


こんなふうにつながりが広がることは,うれしいですね.




10時からは料理教室.

初級クラスの献立が,今日もおいしくできあがりました.


DSC_3805.jpg



今日は6歳の女の子さんが参加して,お母さんと一緒に頑張っていました.

葛餅をおいしく作ってくれましたよ.




4月のイベントは3日続きなので,実は1日は親子料理教室を考えていたのです.

今日は期せずして予行みたいになった一日でした.




教室はお子さま連れも含めて体験参加をお受けしています.


3月から新クラスもスタートします.


関心のある方はお問い合わせください.






2月の料理教室

2019年02月12日(Tue)


雪の日の料理教室が続きました.


DSC_3774.jpg


足元が気になる中おいでくださる皆様に感謝!



お迎えする窓辺のヒヤシンスもまだつぼみが固い.


DSC_3790.jpg




でも薪ストーブは心地よく部屋を暖めてくれます.


DSC_3793.jpg




教室の前に包丁を研いでくれる夫さんにも感謝.


DSC_3748.jpg


まとめて研ぐとたくさんの包丁があって一仕事.





今月の初級の献立.


DSC_3782.jpg


ひじきご飯,小豆昆布,切干大根,白菜とリンゴのサラダ,葛餅黒蜜きな粉


初級では初めての炊き込みご飯.

これなら玄米苦手な家族にも喜ばれそうと好評です.


小豆昆布は食養料理.

どのようにからだを整えてくれるかをお伝えしました.


切干大根はお砂糖つかわなくてもこんなに甘いんだという発見.

素材の味をいただきます.


本葛で作る葛餅のおいしさは格別.

黒砂糖と米飴で作る黒蜜の甘さが引き立ちます.




中級の献立.


DSC_3767.jpg


かた焼きそば,わかめスープ,キャベツのピリ辛サラダ,とうもろこしパンケーキ.

少し目先の変わったお楽しみ献立です.


焼きそば用の麺はこれ.

DSC_3764.jpg



これ1袋で6人分のかた焼きそばが作れます.

DSC_3771.jpg



雪の前夜,食品がすっかりなくなっていたスーパーがあったそうです.

教室にお見えの方が,びっくりしたと話してくれました.

日頃から穀物やこんな乾麺の備えがあったら,スーパーに走る必要はないですね.




DSC_3785.jpg


12月に作って干していた丸ゆべしも切っていただきました.

ずっとゆずの香りが残る保存食.

先人の知恵の賜物です.





3月5日から初級火曜日クラスが始まります.

月に2回のコースです.

日程は, 3/5 3/26 4/16 4/23 5/7 5/21 6/11 6/18 7/2 7/9

まだ少し残席があります.

関心のある方はお問い合わせください.

詳しくはホームページをご覧ください.

https://ochikochi55.jimdo.com/




3月5日午後1:00~味噌作りをします.

米麹味噌,麦麹味噌,玄米麹味噌,お好みの味噌をおつくり頂けます.

こちらもご希望がありましたらお声がけください.

参加費用は2500円です.

持ち帰りは1.5キロほど.

お味噌を詰める容器をお持ちください.






今年の冬の味噌作り

2019年02月04日(Mon)


今日は立春.

寒の季節に自家用のお味噌の仕込みが続きました.



この日は私が玄米麹味噌.


DSC_3633.jpg




長男夫婦は米麹味噌.

手前味噌のおいしさに気が付いて,初めての味噌作りです.


DSC_3623.jpg




昨日は長女と孫が麦麹味噌.


DSC_3687.jpg



ミンサーも使って大量に.


DSC_3627.jpg




1才4カ月の初参加です.


DSC_3697.jpg



小さな指で孫パワーも投入.


DSC_3714.jpg




おまけに豆まきをして帰っていきました.


DSC_3724.jpg




この日の仕込みはこれ.


DSC_3728.jpg



地下室の保存棚には作ったお味噌が大分増えました.


DSC_3729.jpg


年末に夫が作ったものも並んでいます.


これくらいあったら足りるかな.

皆に分けるのでもうちょっと作りましょう.




お味噌の仕込みの傍らで,ご飯を作ってくれたのは次女.


DSC_3635.jpg



このごろシンプルなご飯をよく作ってくれます.


DSC_3619.jpg


玄米ご飯の炊き方も上手になりました.

もちろんお味噌汁を添えて.



1杯のみそ汁が元気のもとになっていることに感謝します.



お味噌は腸の状態を整え健康を保ってくれる,日本の誇るべき発酵調味料.

自分のために作る手前味噌のおいしさは格別です.



作ってみたい!という方はお声がけください.

ご希望により随時開催いたします.



3月5日午後1時~の開催が決まっています.

こちらへのご参加も歓迎です.















小さな一人旅

2019年02月04日(Mon)


冬の京都.

丸太町から御所へ.

DSC_3576.jpg



寒さの中にも春を告げる梅の花.

DSC_3573.jpg



寺町通へ.

立ち寄ったお蕎麦屋さんは,「寒いのでお客さんが見えません」と.

DSC_3581.jpg


昔々,修学旅行で訪れた時に食べたと同じにしんそばを一人店内で.

DSC_3583.jpg



寺町通には立ち寄ってみたくなるお店がたくさん.

季節を告げる小物やさんとか.

DSC_3584.jpg


素敵な絵ハガキを置くお習字道具やさんとか.

DSC_3600.jpg


ボタンだけの専門店とか.

DSC_3603.jpg


そのほかにも惹かれるお店がたくさん.




今回立ち寄ってみたかったのは一保堂本店.

DSC_3593.jpg



歴史を感じる店内.

お茶の試飲コーナー.

DSC_3594.jpg



喫茶コーナーでは煎茶や抹茶が楽しめます.

お菓子は春を告げる梅の花.

DSC_3595.jpg


まずは濃茶.

DSC_3596.jpg


たてかえて薄茶も.

DSC_3597.jpg


ほっこりと満足.




宝塚にも足をのばし

DSC_3606.jpg


こんな演目を鑑賞しました.

DSC_3611.jpg


この後のレビューでタカラヅカを堪能.

DSC_3609.jpg


華やかさと共にハツラツという言葉が浮かんだステージでした.



一度は見てみたいと思って,新年に書き出した100の目標の一つに加えていたことでした.

早くも実現!


DSC_3613.jpg



やってみたいと意識したことは実現していく,そんなことを感じながら劇場を後にしました.


他の目標がどうなるか楽しみにしましょう.


自分のためのひと時を生み出すためには,時間のオーガナイズも大切ですね.