芋煮会日和の芋煮会

2015年11月11日(Wed)
11月7日,土曜日,芋煮会日和.

おちこちの農園にみなさんが集まり,さっそく仕事に取りかかります.


朝早くから準備された用具.

今年の火種は,ガソリンコンロと,ロケットストーブと,ガスボンベ.


3年前までは,足つきの鍋の下でガンガンに火を焚いていたのですが,昨年からは自粛です.


我が家の芋煮会の歴史は古く,20年以上も前から続けている恒例の秋の行事です.

足つきの鍋も,その時のお仲間が手作りしてくれたもの.


おちこち農園の活動を始めてからは,8回目の芋煮会になります.

芋煮1



さあ,里芋堀りスタート.

初めての経験という,ご夫妻や親子さん.

芋煮2



兄弟で力を合わせて,大きいのが掘れた!

芋煮3



次々に掘りあがります.

里芋はひげ根がいっぱいって知らなかった人も.

芋煮5



一部の芋は,来年の種芋にするために,深い穴を掘って埋めておきます.

芋煮6



芋堀りがひと段落する頃には,

畑を耕す少年くんも,

耕す



大根を抜く少女さんも,

大根とり



つまみ菜を摘むご婦人も,

つまみ菜



柿とりをする青年さんも,

かきとり

います.



並行して,皮むきも始まります.

堀りたての里芋は,こそげるだけで皮がつるつるむけます.

芋煮7


芋煮8



ネギも畑で調達.

芋煮13


今年はこんにゃくも,畑のこんにゃく芋から作りました.

いよいよ,鍋が煮えてきましたよ.

芋煮9


大きな器にたっぷりよそって,

芋煮12



みんなでそろっていただきます!

芋煮10



芋煮鍋のほかに,とりたての柿,おにぎりや焼き芋,

黒落花生ご飯やマクロビオティックなきりたんぽ鍋,

インゲンの山クルミ和えや青菜の磯和え,

大根やかぶの漬物など,

畑からの食材がたくさん並びました.


手前の黄色いファイルは,いちお父さんが,春から撮りためた写真をプリントしてくださったアルバムです.

ありがたいですね~!

春から夏

夏から秋

暑かったねー,虫にさされたねー,よく頑張ったねー,いろんなことをしてきたんだねーと,

感慨深く,振り返りました.



おなかもいっぱい,お土産もいっぱいで,お帰りです.

お土産




みなさんが去った後のおちこち農園,ビフォーアフター.

芋煮ラスト



種芋はこの穴の中で一冬を越します.

種芋



おちこち農園は,みなさんが集って成り立つ農園.

あちらから,こちらから.

過去から現在,そして未来へ.

空間的なひろがりと時間的なつらなりと,

その中にある いまここ.

おちこち には,そういう意味を込めています.

いまここにある出会い

いまここにある いのちへの感謝

いまここ を大切に また来年もお待ちしています.


















関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する