こんにゃく作り

2016年01月06日(Wed)


生芋コンニャクを使ったこんにゃく作り.


こん2



今まで何回か作りましたが,凝固剤として炭酸カルシウムを使っていました.

灰汁を使って作るのは難しいと聞いていたからです.


でも今回は,灰汁にチャレンジ.

なにしろ冬の暖房は薪ストーブなので,草木灰はたくさんあるのです.


ストーブ




草木灰を水に溶いて上澄みをとり,すりおろしたコンニャクに混ぜて固めてゆでるという方法.

ゆでているうちに全部がひとまとまりになって,どろりとしてしまいました.

見事に失敗.

悪戦苦闘で写真もありません.



こんにゃく1


再度,草木灰から灰汁をとり,どろりとしたコンニャクを火にかけて練り上げてから,混ぜてみました.

バットに広げた状態がこれです.



そして今回は,お鍋の中で固まりました!やった!


こん3



ゆでてから水にさらすと,光沢感のあるこんにゃくになりました.


こん5



もう一つの鍋も成功.


こん4


こちらはこんにゃくシップに使おうと思って,何枚か平たく大きくしてみました.


こん6


お鍋の中でこんな形になってしまいましたが,半分にスライスしたら使えますね.

小さく丸めれば,玉こんにゃくです.



今晩はこんにゃく作りの傍ら,目が疲れたと言っている次男に番茶シップを用意しました.

一緒に次女も私もして,3人で「気持ちいいねー」と話しました.

そういえば,新年早々発熱をした長女の夫さんは,豆腐シップで解熱したそうです.


今年はお手当のことももっと学んで,日常的に親しみたいなーと思います.

早速,こんにゃくを活用しましょう.




関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する