味噌づくり

2016年01月19日(Tue)


今年初めての味噌づくり教室をしました.

先日,テレビ取材を受けた地域のお仲間たちと一緒です.

大豆はおちこち農園で収穫したものを.

塩や麹は,ムスビガーデンから調達.


味噌1


昨年仕込んだ3種類のお味噌を味見してから,今年のお味噌づくりです.

麹は,米麹,玄米麹,麦麹からそれぞれお好みのものを選んでもらいました.

塩切麹をつくり,ゆであがった大豆をつぶし,よく混ぜ合わせます.


味噌2


硬さ加減はゆで汁で調整をして.

持参した容器に隙間なく詰めれば出来上がり.

後は時間がおいしく熟成させてくれます.

思ったより簡単! 手がすべすべ!早く食べたい!楽しみ!

参加できなかったメンバーさんの分も仕込み完了です.



そのあとは,食事会.

東京にも雪が降った寒い日だったので,暖かいお鍋にしました.


味噌3


きりたんぽならぬ玄米のお団子鍋.

これは,焼きやすいし,食べやすくて好評です.


味噌4



もちろん話に花が咲くのは取材のこと.

志ん陽さん目が優しかったね,あの目で緊張ほぐれた,ディレクターさんすごいね,物知り,切れ者だね・・・などなど.

インタビュアーの落語家さん古今亭志ん陽さんの色紙も届きました.


色紙




この取材は,地域のお仲間と4年前から始めた「勝田台つながりんぐ」という活動が,地域のテレビ局の目にとまり,取材の運びになったものです.

それぞれが自宅でしていることをつないで発信し,そのつながりから街を元気にしていこうという取り組み.

お茶,マッサージ,陶芸,ガーデニング,草木染,ヨガ・・・

わが家は,おちこち農園とマクロビオティックの料理教室で,発信しています.

毎年4月には「めぐるぐるの日」という,各家をまわってもらう企画があります.


今回の取材も,志ん陽さんが各家を訪ねてまわるという内容.

この機会にと,急いで看板も作りました.


看板




取材の日の写真はなし.余裕なかったです.

具だくさんのトン汁のようなものでも作りたいというリクエストでしたが,トン汁は却下し,基本の味噌汁にしました.

それだけでは寂しいので,おせち料理に作ったようなものも添えて.


撮影後,スタッフさんたちみなさんで夕食に.

ディレクターさんが,これは本物だーと連発していたことと,みなさん黙々と召し上がっていたことがうれしかったです.


お味噌づくりから話がそれました.

でも,今日は何しろ,取材お疲れ様会の味噌づくり&食事会ですからね.


わが家の味噌づくりはこれからですよー.





関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する