味噌づくり3回目

2016年02月22日(Mon)


味噌づくりの3回目.

今回は,黄大豆と玄米麹を使い,辛口の味噌を作ります.

圧力鍋は使わずに,大きなお鍋でじっくりと大豆を炊きました.

硬さを見ながら,味見もしながら,1時間40分ほどで炊き上げました.


早速大豆をつぶします.


味噌3


大豆の固さというか,存在感が残る炊き加減なので,すりこ木でつぶすと時々飛び出したり・・・


味噌2


ゆで汁を少し加えたりしながら,しっかりつぶします.


味噌1


ずっとやっていると,なかなかの作業です.

で後半,高取保育園の子どもたちのことを思い出しながら,足でつぶしてみました.

これは,なかなか楽しいのです.


ビニール袋を通してほんのり暖かさが伝わってくるし,感触も気持ちいいし.

寺田本家の「発酵道」の本を読んだばかりですから,全身を使うことにも抵抗なしです.


この間の写真はなし.

何しろ一人ですから,甕に詰め終えるところまで,手が離せません.

しっかりと空気を抜いて,詰めました.


味噌4


詰めた後,寺田本家で求めてきた酒粕で覆ってみました.

こうするとお味噌のカビを防げるそうです.


味噌5


この酒粕は,お味噌と合わせてお豆腐を漬け込むと,とてもおいしくいただけます.

先だっての研究会で教えていただき,お豆腐もごちそうになりました.



味噌6


忘れないうちにラベルも張っておきます.

そして,季節の手作り品の棚へ.


地下室の一角にあり,比較的温度の変化がないので,保存には良い場所です.



味噌7


あっ,でも沢庵は別の場所ですよ.

一緒にすると,どちらもおいしくなくなってしまうそうです.


今年の味噌づくりはもう一回.

初級を受講してくださっている方たちと一緒に,麦味噌づくりをする予定です.


それぞれの仕上がりが楽しみです.






関連記事