FC2ブログ

「しなやかに生きる心の片づけ」読書会 M-cafe@のご案内

2019年03月16日(Sat)


「しなやかに生きる心の片づけ」読書会 M-cafe@のご案内


こんにちは

ライフオーガナイザー,メンタルオーガナイザーの向後あき子です.



こんなプロフィールで自己紹介をするのは初めてです.はじめまして!

いつもは,自宅でマクロビオティックの料理教室をしています.

その教室の中でも,ライフオーガナイズ,メンタルオーガナイズの考え方や実践を反映するようにしてきました.



おいでくださる皆さまの中には,空間の片づけ,心の片づけに関心をお持ちの方がおられます.

そして関心を寄せてくださったM-cafe@


M-cafe@について,ここで改めてご案内をさせていただきます.




M-cafe@ とは,

渡辺奈都子さんの著書「しなやかに生きる心の片づけ」を用いた読書会(構成的読書会)の名称です.

渡辺奈都子さんは心理カウンセラー/メンタルオーガナイザーであり,メンタルオーガナイザーの生みの親です.



DSC_4217.jpg



この本を少人数のグループで共に読み合い,

お互いの気づきを分かち合い

自分の心に向き合う中で

自然と明日への活力がわいてくるような

素敵な読書会がM-cafe@   



M-cafe@
 のにはいくつかの意味が込められています.

Ⅿental:こころの

Ⅿotivation:やる気

Ⅿeaning:意味・目的

Ⅿastery:習得




一人で読むのとは違い,一人では得られない学びや気づきがあります.

他の人の話を聞くことで,考えが深まったり広がったり

自分が感じたことを言葉にすることで,新たな気づきが生まれたり

やってみたいことが見つかったり・・・


そして,なんとなく取り散らかっていた自分の心が,ととのっていくことが感じられます.




全8回で,1回ごとに1章ずつ読み進めます.

連続の受講でも単発の受講でも,どちらでも構いません.

月に一度のペースで開催しますので,定期的に自分の心に向き合う機会にすることもできます.

思いついて受講し,自分の心に目を向けるきっかけにしていただくことでもいいですね.




各章のタイトルを紹介します.

第1章  心の中のやっかいな荷物たち

第2章  生きにくい「モデルルーム」になりにくい心の作り方

第3章  心を整える片づけの仕組み

第4章  過去への執着を手放す
 
第5章  他者への執着を手放す

第6章  希望を見つけるために

第7章  「ご機嫌力」を高める心の片づけの習慣

第8章  回復力のある「しなやかな生き方



このタイトルからも,心が片づいていくような期待感が膨らみますね.

参加してみたいという方のおいでをお待ちしています.

以下開催の詳細です.




Ⅿ-cafe@千葉八千代

*毎月1回全8回

*開催日時:
 4月11日(木)13:00~15:00・・満席です 
 5月15日(水)10:00~12:00 

*場所: 自宅(千葉県八千代市) 

*受講料:1500円(飲み物を含みます)

* 定員:4名

*持ち物:
  渡辺奈都子さんの著書「しなやかに生きる心の片づけ」
  ご自分でご用意ください
   3月に文庫化されています
  筆記用具

*お申し込み  macrobi.chiba@gmail.com


  

3月の料理教室

2019年03月12日(Tue)


畑の隅にふきのとうが芽吹いていました.

真っ先に春を告げてくれる山菜.


DSC_4195.jpg



山菜の苦味には,冬の間に体内に溜め込んだ脂肪や老廃物を排出してくれる働きがあります.

季節の移り変わりを体に伝え,冬から春へとスムーズに移れるように手助けをしてくれる自然の恵みです.

タイミングよく3月の料理教室でもいただきました.




初級第6回.


DSC_4200.jpg



キャロットピラフ,玄米ポタージュ,かぼちゃコロッケ,豆腐マヨネーズ温サラダ.

ふきのとうの天ぷらも添えて.


三分づき米を使った玄米の炊き方や,玄米粉を使ったスープ,

簡単な作り方でおいしいかぼちゃコロッケ,

絹ごし豆腐で作るマヨネーズソース.

穀物と野菜でこんなにボリューム満点と満足いただきました.



中級の第6回目は


DSC_4181.jpg



金時豆ご飯,瓜のお汁,うなぎもどき,そば米葛煮,きんぴら.

葛をたっぷりと使ったメニューをあたたかくいただきました.

食養料理のきんぴらは,ことこととじっくり炊いて.



自然の恵みに感謝してゆっくりといただく中での満足感.

そこで交わされるみなさんのお話.

一期一会の‘今ここ‘のひとときです.


今日もきてよかったと言ってくださる言葉が胸にしみます.




5日間続いた教室が一区切りし,今日はよもぎ摘みに行ってきました.


DSC_4215.jpg


先日よりは大分大きくなっていました.

でもまだ小さい.

これからきれいにして,ゆでてすりつぶしてお団子を作ります.



これからの季節に次々と芽吹く山菜や野草.

自然の恵みをありがたくいただきたいと思います.





初級新クラスのスタート

2019年03月05日(Tue)


今日から初級の新しいクラスがスタートしました.

お1人のご希望に添って始めることにしたら,何人もの方が来てくださり1クラスになりました.

月に2回のスピードクラスです.



今日の参加者は5人.

初めての顔合わせでも,食をベースにしたつながりはすぐに打ち解けます.


自己紹介の時からお話が盛り上がり,

食事ができあがる頃には旧知のように.


一緒に食卓を囲みます.



DSC_4159.jpg





初級の第1回は,正食の基本をお伝えする献立.

玄米ごはんの炊き方や野菜の蒸し煮の仕方をお伝えします.



DSC_4157.jpg


玄米ごはん・ごま塩

基本のみそ汁

れんこんボール

青菜の磯辺和え


シンプルだけれど,満足感をもたれていました.

夕食にさっそく作って家族にも喜ばれたという,うれしいメールもいただきました.




今日は引き続き,ご希望の方のお味噌作りの時間もありました.



DSC_4163.jpg



3人の方が,米味噌と玄米味噌を作っていかれました.

出来上がりが楽しみ!と大切そうに持ち帰っていただくご様子に,一緒に楽しみになりました..




参加してくださる方同士がつながって,

食から始まり,からだのこと,こころのこと,

様々な情報が交わされた第1回.

次回も楽しみです.



次回は3月26日(火)です.

ご希望のある方はお問い合わせください.


ひな祭りのお餅つき

2019年03月03日(Sun)



「家で餅つきがしてみたい」という念願かなっての餅つき会.

ひな祭りにすることに決めて,前日は予行練習.

大きな臼や杵も用意しました.

DSC_4032.jpg



玄米もち米を蒸かして

DSC_4037.jpg



玄米餅を搗きました.

DSC_4047.jpg



半分は豆を入れた豆餅に.

DSC_4051.jpg



豆餅は半円形の型に入れて固めておきます.

DSC_4055.jpg



とても暖かい日だったので,午後は娘と一緒によもぎ摘みに出かけました.

DSC_4059.jpg


末の娘は先日二十歳になりお祝いの会をしたところでした.

私たちの子育ても一区切りしたような気がして,餅つきにはそんな気持ちもこもっているように思いました.



まだ小さいよもぎ.

DSC_4058.jpg



それでもたくさん摘んできて,茹でておきました.

DSC_4064.jpg




当日の朝は大忙し.

DSC_4075.jpg



せいろや圧力鍋を使ってもち米を用意します.

DSC_4077.jpg



大きな杵と小さな杵も.

DSC_4079.jpg



あいにくの雨だったので場所は車庫になりました.

長男は力強く.

DSC_4102.jpg


次女も奮闘.

DSC_4124.jpg


孫も参入.

DSC_4090.jpg


白いお餅.

DSC_4096.jpg


よもぎのお餅.

DSC_4103.jpg


玄米餅.

半分はくるみ餅にも.

DSC_4109.jpg


搗きたてをあんこ餅に.

DSC_4104.jpg


よもぎ餅はぴかぴか.

DSC_4144.jpg


昨日の豆餅も切れるようになりました.

DSC_4143.jpg


辛み餅や磯辺やお雑煮にして,搗きたてをたくさんいただきました.



今日はひな祭り,

実は,三色のお餅で菱餅を作りたかったのです.


でも今日搗いた分はまだ柔らかくて,夕方になっても切ることができませんでした.

DSC_4153.jpg



だからお雛さまのお飾りは間に合わなかったのでした~

DSC_4033.jpg


でも,お餅つきができたことには大満足.








元号がかわる年に

2019年02月28日(Thu)



皇居での奉仕作業に参加させて頂きました.


元号が変わる年の得難い経験となりました.



最終日にいただいた賜物.



DSC_4027.jpg




お土産に求めた朱肉入れ.


DSC_4025.jpg



並べおいて4日間の経験を振り返っています.



特別な空気感の中で,人々の平安を祈る思いに深く触れさせていただいた4日間でした.




グループ名に冠した「正食」への思いも強くしました.


長い時間を共にした皆様からの学びもたくさんいただきました.



DSC_3867.jpg


ありがとうございました.




毎日のお弁当は亀戸升本さんに依頼した


DSC_3858.jpg


和正食のお弁当でした.

DSC_3859.jpg





退出後,参加者の皆様と交流を深めるひと時も楽しみでした.


DSC_3861.jpg



近いけれど,心にとどめたい遠い旅をしてきた4日間でした.